バーチャル スカウティングの概要

映像制作者はバーチャル スカウティングによって、VR のデジタル環境をスカウトします。

Windows
MacOS
Linux

仮想制作環境を使用して映画を制作する際、VR での仮想ワールドの移動ややり取りを行う際の新しい方法として、バーチャル スカウティング ツール が追加されました。このツールを使用することで、映像制作者はよりクリエイティブな意思決定を行うことができるようになります。ディレクターと DOP は、簡単に場所を発見したり、ショットを作成したり、シーン ブロッキングを設定したり、撮影場所の正確な表現を得ることができます。アーティストやセット デザイナーは、測定ツールやインタラクション ツールを使用して距離を確認したり、ワールドを修正したりしながら、 virtual reality (VR) のビルド中にその場所の状態を体験できます。仮想ワールドから画像をキャプチャして、その画像を使って制作チーム全体が VR セッション中に行われた決定をトラックすることもできます。

次の Project Spotlight 動画において、映像制作でリアルタイムな仮想制作ツールを使用することのメリットについて説明とバーチャル スカウティングの特徴をいくつか説明します。

以下で、バーチャル スカウティングに導入されているいくつかの機能の概要について説明します。

このバーチャル スカウティングのベータ版では、メニューにまだ完全に実装されていないツールが表示されています。

メニュー

バーチャル スカウティングには仮想制作シナリオのサポートに特化して設計された新規メニューがあります。メニューから簡単に、ナビゲーションビューファインダー、その他便利なツールにアクセスできます。バーチャル スカウティング ツール メニューの詳細については「バーチャル スカウティングをアクティベートする 」を参照してください。

コントローラーの [Menu (メニュー)] ボタンを使用してバーチャル スカウティング メニューの オン / オフ を切り替えることができます。

menus.png

ナビゲーション

VR エディタの既存機能上に構築されたナビゲーションにより、映像制作者が VR 内のシーンを探索する方法を拡張する新規オプションが追加されました。

テレポート

テレポート は VR における一般的なナビゲーションのモードです。ナビゲーション モードの間、トラックパッドを押してテレポート機能を有効にし、トラックパッドから手を放すと、コントローラーが向いている任意の場所にテレポートします。行き先となる方向は視線でコントロールします。空中にテレポートすることもできます。

また、テレポートは、1:1 スケールに戻るのに便利な方法です。

teleport.png

コントローラを使ってナビゲートする

バーチャル スカウティングで コントローラーを使用したナビゲーション は VR エディタ内と同様に動作します。このモードのナビゲーションは、シーンを動き回ったり、アクタを選択して操作したり、エディタのパネルやウィンドウと連携させたりするための各種コントロールを提供します。

詳細は「ナビゲーション コントトール 」を参照してください。

他のツールでメニュー ボタンを 2 秒間長押しすると、コントローラーがナビゲーション ツールに戻ります。

飛行

飛行 は仮想シーンを移動する自然な方法です。トリガー ボタンを長押しすると、コントローラーの方向にシーン内を飛び回ります。トリガーを強く押すほど速く飛ぶことができます。また、バーチャル スカウティング メニュー下にある [Navigation Speed (ナビゲーション スピード)] のスライダー コントロールを動かすことで飛行速度をコントロールできます。

ビューファインダー

ビューファインダー ツール を使用すると、映像制作者はカメラ レンズ越しにシーンを見て、後で参考にするためにスナップショットを撮ったり、レベル内で使用する CineCamera アクタを作成することができます。ビューファインダー ツールを選択して、コントローラーと連動するカメラ ビューポートを保持します。トラックパッドの左上をタップすると、レンズの焦点が 広く なります。トラックパッドの右上をタップすると、レンズの焦点が 長く なります。

viewfinder.png

スナップショット

スナップショット は、ある時点のシーンの状態をキャプチャします。トラックパッドの下をタップしてカメラ ビューのスナップショットを作成します。

snapshot.png

カメラ

ビューファインダー ツールがアクティブになっている状態で、トリガーを押してシーンに CineCamera アクタを作成します。ビューファインダー ツールと同様に、トラックパッドの左側または右側から、カメラ レンズの焦点距離を変更できます。シーン内の他のオブジェクトと同様に、インタラクト ツールを使用して、カメラを離れた場所から移動できます。

CineCamera Actor プロパティを編集するだけで、カメラフィルムバックとレンズプリセットなどのカメラ設定を変更できます。詳細については、Cine Camera アクタの使用方法 を参照してください。

[ENGINE INSTALL LOCATION]\Engine\Config\BaseEngine.ini ファイルの /Script/CinematicCamera.CineCameraComponent セクションで DefaultFilmbackPresetNameDefaultLensPresetName を編集することで、デフォルトのカメラ フィルム バックとレンズ プリセットを制御できます。

camera.png

インタラクト

仮想空間でオブジェクトを動かすには インタラクト ツール をアクティベートします。(アクティベーション プロンプトは、ユーザーに変更したいかどうか具体的に質問することで、シーンを誤って変更することを減らすことを意図しています。) アクタを選択して動かすには、インタラクト ツールがアクティブになっている状態で、モーション コントローラー レーザー をワールドのアクタに向けてトリガーを引きます。アクタを選択したら、トラックパッドを上下にスクロールすれば、レーザーラインに沿ってオブジェクトを押したり引いたりできます。

トラックパッドの機能は押す方向によって異なります。ナビゲーション ツールと同様に、シーン全体を移動するには上の部分、テレポートするには下の部分を押します。

move.png

マーカー

シーンに色付きリボンを描くには マーカー ツール をアクティベートします。コントローラーに向けてトリガーを絞ると描かれます。マーカーを移動するにはコントローラーを移動します。

お使いのコントローラーのトラックパッドでマーカーの色を選択できます。

marker.png

ブックマーク

ブックマーク はシーン内の興味深い場所を表すために使用されます。ブックマークを作成すると、バーチャル スカウティング メニューの右側にあるパネルのリストに追加されます。リストのブックマークを選択すると、そのスポットにテレポートします。

シーンでブックマークを作成するには、ブックマーク ツールがアクティブになっているときにブックマークのトリガーを引きます。

bookmarks.png

測定

測定ツール はシーン内の 2 点間の距離を測定します。トリガーを押して最初のポイントを設定します。最初のポイントとカーソルの位置との間にピンク色の線が表示されます。コントローラーを動かすと、測定距離がリアルタイムで更新されます。再度トリガーを押すと、2 番目のポイントがロックされます。測定を消去してやり直したい場合は、トリガーを再度 (3 度目) 押します。

measure1.png

タッチパッドの上部のタップで、メートルU.S で用いられる システムの切り替えができます。

measure2.png

マルチユーザー編集

ワークフロー コンセプトとしてのバーチャル スカウティングは マルチユーザー エディタ をフル活用して、制作の主要メンバー全員でシーンを探索できるようにします。別途指定のない限り、どのツールでもその変更がマルチユーザー セッションに参加しているユーザー全員に反映されます。

セッションに複数ユーザーが参加しているとき、ユーザー名はメニュー左のセクションに表示されます。このリストから自分以外のユーザーを選択することで、そのユーザーのいる場所にテレポートできます。

ユーザー全員が VR に参加している必要はありません。通常、アーティストの 1 人がデスクトップで作業して、VR では実行が困難あるものの、コンピュータ上では容易に実行できる複雑なアクションを実行することで、VR で作業しているその他のユーザーをサポートすると、セッションが最もうまく機能します

詳細については、「マルチユーザー編集 」を参照してください。

multiuser.png

ブループリント

仮想制作ユーティリティ のプラグインは映像制作者向けにカスタマイズされたコントロールのセットと共に提供されます。ブループリント を使用して、バーチャル スカウティングのコントロールを動的にカスタマイズすることで、特定の要件に合わせることができます。この際、基盤となる C++ コードを変更して、エンジンをリビルドする必要はありません。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信