髪のレンダリングとシミュレーション設定のリファレンス

髪のレンダリングとシミュレーションに関連した設定とプロパティの一覧です。

Windows
MacOS
Linux

このページには、Unreal Engine 4 (UE4) でのレンダリングおよびシミュレーションに Hair (髪) を使用するさまざまなコンポーネントとアクタで利用可能な設定のリファレンスが記載されています。

Groom アクタ

以下は、Groom コンポーネントの [Details (詳細)] パネルで使用可能なプロパティです。

GroomActorSettings.png

プロパティ

説明

Materials

Element [N]

このアセット スロットに Hair マテリアルを割り当てます。

Groom

Groom Asset

レンダリングに使用する Hair ストランド アセット。

Bind Groom to Skeletal Mesh

オンにすると、Groom コンポーネントがスケルタル メッシュ/スキン コンポーネントの子である場合、Hair Groom がアタッチされてメッシュにスキンされます。このオプションを使用するには、[Compute Skin Cache (スキン キャッシュを計算)] を有効に、[Tick Animation on Skeletal Mesh init (スケルタル メッシュ初期化時のティック アニメーション)] を無効に設定しておく必要があります。

Groom Groups Desc

グルームのグループ情報:

  • Hair Count: この Hair グループに含まれる Hair の数。

  • Guide Count: この Hair グループに含まれるシミュレーション ガイドの数。

  • Hair Width: 髪の幅をオーバーライドします (センチメートル単位)。

  • Hair Shadow Density: シャドウ レンダリング時に髪カウントを増減するための髪の密度を制御します。これにより、ストランドの数が現実的でない場合に、髪に対するシャドウイングを増やしたり減らしたりすることができます。

  • Hair Raytracing Radius Scale: シャドウなどのレイ トレーシング エフェクトのための髪のジオメトリ半径をスケーリングします。

Groom アセット

以下は、Hair Groom を含む Alembic (*.abc) ファイルのインポート時にコンテンツ ブラウザで作成される Groom アセットで使用可能なプロパティです。

Groom_AssetProperties.png

プロパティ

説明

Hair Groups

Group ID

インポートしたこの髪に割り当てられたグループ ID。

Curve Count

インポートした Groom ファイルに含まれるカーブの数。

Guide Count

インポートした Groom ファイルに含まれるガイドの数。

Auto-Generated Guides

このオプションは、Groom ファイルのインポート時に [Override Guides (ガイドのオーバーライド)] が有効であった場合にオン (有効) になります。

Material

この Groom アセットで使用されるデフォルトのマテリアルを割り当てます。

Build Settings

Hair to Guide Density

ガイドが提供されていない場合に髪をガイド カーブに変換するための密度係数。

File Path

Source File

インポートしたソース Groom ファイルへのドライブ ファイル パス。

Groom Import Options (グルーム インポート オプション)

以下は、Hair Groom を含む Alembic (*.abc) ファイルのインポート時に使用可能なインポート オプションです。

GroomImportOptions.png

プロパティ

説明

Conversion

Rotation

軸に面する、または軸を修正するためのオイラー角度の回転。

Scale

ファイルの単位をセンチメートルに変換するためのスケーリング値。

Build Settings

Override Guides

インポートしたガイドを生成したガイドでオーバーライドします。

Hair to Guide Density

ガイドが提供されていない場合に髪をガイド カーブに変換するための密度係数。

Interpolation Quality

補間データ品質:

  • Low 最近隣検索に基づいて補間データをビルドします。補間データの品質は低くなりますが、ビルドにわずか 2、3 分しかかかりません。

  • Medium: カーブ形状の一致検索を使用して補間データをビルドしますが、限定された空間範囲でのみ行われます。品質とビルド時間の面で、LowHigh の中間に位置するオプションです。ビルドには数分かかります。

  • High: カーブ形状の一致検索に基づいて補間データをビルドします。高品質の補間データが生成されますが、ビルドのスピードは比較的遅く、数十分かかります。

Interpolation Distance

補間距離の測定基準:

  • Parametric: カーブ パラメトリック距離に基づいて補間データをビルドします。

  • Root: ガイドとストランドのルート間の距離に基づいて補間データをビルドします。

  • Index: ガイドとストランドの頂点インデックスに基づいて補間データをビルドします。

Randomize Guide

特定の髪ストランドに影響を及ぼすガイドをランダム化します。

Use Unique Guide

固有のガイドによる影響を強制的に髪ストランドに適用します。

ナイアガラの Groom Asset System

以下のプロパティは、Groom コンポーネントに割り当てられた場合に髪の物理を制御するナイアガラの GroomAssetSystem で設定されているカスタム パラメータです。

NiagaraOverrideParameters.png

GroomAssetSystem を割り当てるには、[Niagara System (ナイアガラ システム)] 選択ボックスを使用します。このボックスが表示されない場合は、ドロップダウンの [View Options (表示オプション)] から [Show Plugin Content (プラグイン コンテンツを表示)] を有効にします。

プロパティ

説明

デフォルト値

Override Parameters

AirDensity

g/cm3 でのデフォルトの髪密度。

0.001

AirDrag

グルームが大気中にどれだけドラッグされるかを示す 0 から 1 の間の係数。

1.0

AirVelocity

グルームのドラッグに使用する大気の等速度 (cm/s)。

0,0,0

BendDamping

ベンディング コンストレイントのレイリー減衰。この値は 0 から 1 の間で設定する必要があります。

0.001

BendScale

ルート (根元) からチップ (毛先) まで BendStiffness がどれだけスケーリングされるかを示します。例として値を「0.1」に設定すると、チップ ベンド剛性が 0.1 * ルート ベンド剛性と等しくなります。

0.1

BendStiffness

グルームで残りの形状をどれだけ維持するかを示します。値はメガパスカル (MPa) 単位で示されます。

0.01

GravityVector

グルームに適用される重力加速度のベクター (cm/s2)。

0.0,0.0,-981.0

KineticFriction

動摩擦を設定する 0 から 1 の間の係数。

0.1

NumIterations

コンストレイント反復ソルバ (XPBD) で使用するイテレーションの数。

10

ProjectBend

ベンド コンストレイントのコンストレイント投影を有効にします。

無効

ProjectCollision

コリジョン コンストレイントのコンストレイント投影を有効にします。

有効

ProjectStretch

ストレッチ コンストレイントのコンストレイント投影を有効にします。

無効

RootThickness

センチメートル (cm) 単位でのルートの厚み。このプロパティは、シミュレーションで質量および慣性の計算に使用されます。

0.1

SolverFps

1 秒あたりにソルバが呼び出される回数など、ソルバのサンプリング レートを設定します。

60

StaticFriction

乾燥摩擦を設定する 0 から 1 の間の係数。

0.1

StrandsDensity

g/cm3 単位でのグルーム ストランドの密度。

1.0

StrandsSmoothing

受け取ったガイド カーブをどれだけスムージングするかを制御する 0 (元のカーブ) から 1 (直線) 間の値。このスムージング処理によって、ソルバの収束が促進される場合があります。

0.1

StrandsViscosity

ストランド同士が互いにどのように影響を及ぼすかを設定します。

1.0

StretchDamping

ストレッチ コンストレイントのレイリー減衰。この値は 0 から 1 の間で設定する必要があります。

0.001

StretchScale

ルート (根元) からチップ (毛先) まで StretchStiffness がどれだけスケーリングされるかを示します。例として値を「0.1」に設定すると、チップ ストレッチ剛性が 0.1 * ルート ストレッチ剛性と等しくなります。

1.0

StretchStiffness

グルームで残りの長さをどれだけ維持するかを示します。値はメガパスカル (MPa) 単位で示されます。

1.0

SubSteps

SolverFps パラメータで提供される dt に適用するサブステップの数。

TipThickness

センチメートル (cm) 単位でのチップの厚み。このプロパティは、シミュレーションで質量および慣性の計算に使用されます。

0.1

Niagara

Niagara System Asset

使用可能なナイアガラ Particle System アセットの割り当てスロット。Hair (髪) の場合は GroomAssetSystem を割り当てます。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信