ランドスケープの作成

ランドスケープ テレインの新規作成ガイド

Windows
MacOS
Linux

プロジェクトで壮大なテレイン ベースのワールドを作成することは、アンリアル エンジン 4 (UE4) のビルトイン テレイン編集ツール、ランドスケープが非常に得意とするところです。 Landscape (ランドスケープ) ツールは、複数のデバイスでプレイ可能なフレームレートを維持しながら壮大なテレイン ベースのワールドを作成します。 ランドスケープ システムはフレキシブルであるため、以下のいずれかの方法を用いてランドスケープを作成することができます。

  • エンジン内の Landscape ツールを用いて新規ランドスケープ高さマップをゼロから作成できます。

  • アンリアル エディタもしくは外部ツールであらかじめ作成されたランドスケープの高さマップのインポートが可能です。高さマップのインポートの操作の詳しい情報については、カスタムの高さマップとレイヤーを作成する のドキュメントをご覧ください。

  • ランドスケープのインポート用フォーマットの作成方法については、カスタム ランドスケープ インポータの作成 をご覧ください。

動作中のランドスケープのサンプルは、 ランドスケープのコンテンツ サンプル を参照してください。

Landscape ツールを開く

ランドスケープを作成するには、まず [Modes] のパネルの中から Landscape ツールを開く必要があります。 Landscape ツールを開くには、[Modes] パネル上部の山の形をしたアイコンをクリックします。

Landscape_ModesPanel.png

  • Shift + 3 - キーボードの Shift + 3 で Landscape ツールを切り替えます。

レベルに現在、他の Landscape アクタがなければ、初めて Landscape ツールを開いたときに、自動的に Manage モード タブに進みます。 Landscape Manage モードでは、新規ランドスケープを作成したり、既存のランドスケープとそのコンポーネントを修正できます。

Landscape_New_Manage_Tab.png

レベルに 1 つ以上のランドスケープが既に存在する場合は [Manage] タブの見え方が異なりますのでご注意ください多くの場合、[Landscape Editor (ランドスケープ エディタ)] セクションには Selection (選択) ツールが見えるようなドロップダウン メニューが表示されます。 このドロップダウン メニューから作業対象のランドスケープを選択します。

Landscape_Multiple_Landscapes_Actors.png

Landscape ツールを使用したランドスケープの新規作成

ランドスケープの新規作成は、Landscape ツールの [Manage (管理)] タブの [New Landscape (新規ランドスケープ)] セクションで行います。

Landscape_Create_Section.png

プロパティ名

機能

Create New:

ツール内から新規にランドスケープ高さマップを作成します。

Import from File:

外部プログラムで作成されたランドスケープ高さマップをインポートすることができます。

Material:

マテリアルをランドスケープに割り当てることができます。

Location:

ランドスケープが配置されるワールド内の位置を設定することができます。

Rotation:

ワールド内でのランドスケープの回転を設定することができます。

Scale:

ワールド内のランドスケープのスケーリングを設定することができます。

Section Size:

LOD とカリングのために使用します。小さなセクションでは、ランドスケープは積極的に LOD (Level of Detail) セクションにしますが、CPU 負荷は高くなります。サイズを大きくすればコンポーネント数を減らすことができ、CPU 負荷も低くなります。ランドスケープを大きくしたい場合は大きめのセクション サイズを使用する必要があります。小さなセクション サイズでランドスケープをスケールアップすると CPU の負荷が高くなりすぎるからです。

Section Per Component

ランドスケープ LOD に役立ちます。各セクションがランドスケープ LOD の基本単位となります。1 つのコンポーネントは 2 x 2 セクションとなるので、1 つのコンポーネントで 4 種類の LOD を一度にレンダリングできるようになります。セクション サイズが大きければ、CPU 計算時間も短縮されます。しかし、ランドスケープが多くの頂点を一度にレンダリングするという問題が生じるかもしれません。これは、非常に広い領域のランドスケープを使用する場合に特に発生します。こうした問題は、ハードウェア制約のため、ドローコールの量に制限があるモバイル デバイスの場合にさらに悪化します。

Number of Components

セクション サイズと共に、ランドスケープのサイズを設定します。この値は、32 x 32 が上限です。各コンポーネントはそれに付随する CPU 負荷を生じ、この上限を超えるとランドスケープのパフォーマンスに問題が生じることがあります。

Overall Resolution:

ランドスケープが使用している頂点数です。

Total Components:

ランドスケープに作成されるコンポーネント数の合計です。

Fill World:

ランドスケープを可能な限り大きくします。

Create:

指定した設定を用いてワールド内にランドスケープを作成します。

この例では、すべてのランドスケープを以下に一覧表示するデフォルト値のままにします。

プロパティ名

Section Size:

63 x 63 クワッド

Section Per Component:

1 x 1 セクション

Number of Components:

8 x 8

Overall Resolution:

505 x 505

Section Size を選ぶ場合は注意してください。コンポーネント数が増えるに従い、ビルド時間が長くなり、パフォーマンスに著しい影響を及ぼすからです。セクション当たりのクワッド数は通常 63x63 を推奨します。この数が、良好なパフォーマンスとサイズを実現するからです。

完了すると、New Landscape プロパティ ボックスは以下のようになります。

Landscape_New_Heightmap_Size.png

メイン ビューポートには、セットアップしている新規ランドスケープのプレビューが以下のように表示されます。

Landscape_In-Editor_Preview.png

通常のアクタ同様にランドスケープ アクタを移動、回転、スケーリングできます。また、プレビュー ランドスケープのエッジをドラッグすれば、ランドスケープのサイズを空間に合わせて簡単に変更できます。

作成する前にマテリアルをランドスケープに割り当てることも可能です。これを行うには コンテンツ ブラウザ で適切なマテリアルを選択し、Material の隣にある [New Landscape (新規ランドスケープ)] セクションに Assign 矢印アイコンをクリックして割り当てます。

Landscape_Assign_Material.png

Landscape マテリアルに関する詳細は、Landscape マテリアル をご覧ください。

新規ランドスケープの作成準備ができたら、Landscape ツール ウィンドウの右下隅の [Create (作成)] ボタンをクリックします。ランドスケープがフラット プレーンとしてビューポートに表示されます。マテリアルが割り当てられると、適用されたマテリアルが表示されます。マテリアルを選択しなかった場合は、レベル エディタのデフォルト マテリアルが適用されて表示されます。

Landscape_Creat_New_Button.png

ランドスケープが大きかったり複雑だと、表示されるまでに数秒かかる場合があります。

[Create (作成)] ボタンを押すと、以下のようになります。

Landscape_NewTerrain.png

新規ランドスケープが作成されると、スカルプト または ペイント を自由に開始できます。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信