Manage モード

Landscape ツールの Manage モードの操作ガイド

Windows
MacOS
Linux

[Manage] モードで、新規のランドスケープを作成することができます。作成済みのランドスケープのコンポーネントを修正するには、コンポーネント ツールを使用します。あるいは、レベルエディタの [Details (詳細)] パネルでコンポーネントを選択してもプロパティを修正することができます。

ランドスケープの作成に関する詳細は、「ランドスケープの作成 」を参照してください。

Landscape Manage モードは、VR エディタでも使用できます。VR での Landscape ツールの使用方法については、「VR モードの制御 」をご覧ください。

ランドスケープの選択

Landscape ツールでは、どのモードでも、レベルに存在するすべてのランドスケープのリストから修正したいランドスケープを選択することができます。

Image of the Landscape dropdown menu

ランドスケープの選択方法

  • [Landscape] パネルで [Landscape Editor] セクションで [Landscape] ドロップダウン ボックスをクリックして、マップに存在するすべてのランドスケープのリストを表示します。

  • 編集するランドスケープを選択します。

このリストから選択されたランドスケープは、アクティブなランドスケープに設定されます。その後行う編集は、すべてこのランドスケープに反映されます。

コンポーネント

コンポーネント は Landscape アクタの構成要素です。コンポーネントの作業は Component ツールを用いて行います。また、コンポーネントのプロパティはレベルエディタの [Details (詳細)] パネルで個別に修正できます。

Component ツール

以下は、使用中のランドスケープのコンポーネント レベル上で使用するツールの説明です。

Selection ツール

The Landscape Select button

Selection ツールは、コンポーネントのストリーミング レベルへの移動や削除など、他のツールでその後に使用するために、ランドスケープ コンポーネントを 1 つずつ選択します。

操作

処理内容

マウスの左ボタンをクリック

コンポーネントの選択を切り替えます。

Shift + マウスの左ボタンをクリック

コンポーネントの選択を解除します。

選択カーソルは常に 1 つのコンポーネントに対してのみ使用されます。

Image of the Landscape Selection cursor

コンポーネントが選択されると、赤いグラデーションが付きます。

Image of selected Components

オプション

説明

Clear Component Selection

選択中のコンポーネントをクリアします。

Add ツール

Add Component button

Add ツールは、使用中のランドスケープに新しいコンポーネントを 1 つずつ作成します。

操作

処理内容

マウスの左ボタンをクリック

新規コンポーネントを追加します。

Add Landscape Component ツールをアクティブにすると、カーソルが緑の縁取りで新規コンポーネントの追加位置に表示されます。

Image of green wireframe Add Component cursor

このツールは、カーソルが置かれている位置に新たなコンポーネントを追加します。

Adding a Component

Delete

Delete Component

Delete ツールは、選択されたコンポーネントを削除します。

操作

処理内容

マウスの左ボタンをクリック

Selection ツールで選択したコンポーネントを削除します。選択中のコンポーネントがない場合、マウスカーソルをかざしてハイライトされたコンポーネントを削除します。

Deleting currently selected Components

ツールは選択したコンポーネントを削除します。

Landscape Components deleted

ランドスケープ内でプレイヤーが通り抜ける位置を調節したい場合は、「Landscape Hole マテリアル 」を参照してください。

Move Level ツール

Move Level

このツールは、Selection ツールを使用して選択したコンポーネントを現在のストリーミング レベルへ移動させます。このツールを使用すると、ランドスケープのパフォーマンスを最適化して、そのレベルと一緒にセクションがストリームイン / アウトするように、ランドスケープの一部をストリーミング レベルに移動させることが可能です。

ストリーミング レベルが表示されていれば、ランドスケープはすべてのコンポーネントをレンダリングします。

Selection visible in streaming level

レベルの表示は、[Levels] ウィンドウで目のアイコン ( Level Window Eye Icon ) をクリックして切り替えることができます (レベル エディタの [Window] メニューからアクセスできます)。レベルの表示に切り替えると、そのレベルにあるコンポーネントはレンダリングされなくなります。

Selection not visible

スプラインの編集

Edit Splines button

ランドスケープ スプライン は、ランドスケープに同調させる必要のある線状地物を作成し、テレインを操作してこれらの地物を構築できるようにする柔軟なシステムです。ランドスケープ スプラインは、ランドスケープ ツールのスプライン ツールを使用して作成および編集します。

Editing Splines on a Landscape

スプラインカーブの作成および修正に関する詳細は、「ランドスケープ スプライン 」を参照してください。

コンポーネントのプロパティ

LOD、コンポーネント限定のマテリアルを含めて、個々のコンポーネントのプロパティをレベル エディタの [Details (詳細)] パネルで設定することができます。

コンポーネントの LOD

選択したコンポーネントの LOD を設定することもできます。つまり、それぞれのコンポーネントを独自の LOD 設定にすることができます。

選択したコンポーネントの LOD 設定

  1. LOD を設定するコンポーネントを選択します。コンポーネントの選択に関する詳細は、「Selection ツール 」を参照してください。

  2. Landscape Component 配下の、レベル エディタの [Details (詳細)] パネルで、[Forced LOD][LODBias] の設定を変更します。

    Changing ForcedLOD and LODBias in the Details panel

コンポーネント マテリアルのオーバーライド

選択したコンポーネントの LOD を設定することができます。つまり、ランドスケープの設定ではなく、それぞれのコンポーネントに異なるマテリアルを割り当てることができます。

選択したコンポーネント マテリアルのオーバーライド設定

  1. 別のマテリアルを使用するコンポーネントを選択します。コンポーネントの選択に関する詳細は、「Selection ツール 」を参照してください。

  2. コンテンツブラウザ から使用するマテリアルを検索して、これを選択します。

  3. レベルエディタの Landscape Component にある [Details (詳細)] パネルで、選択したコンポーネントにマテリアルを割り当てるために 矢印アイコン ( Assign ) をクリックします。

    Override Material field in the Details panel

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信