Hydro-Erosion

Hydro-Erosion ペイント ツールの概要です。

Windows
MacOS
Linux

Hydro Erosion ツールは水による浸食のシミュレーションを行うことで、ランドスケープ ハイトマップの高さを調節します。ノイズ フィルターは、 降り始めの雨分布のシミュレーションに使用します。その後、降り始めの雨、雨の消滅、水の移動から蒸発までの水のフローを決定するためにシミュレーションを計算します。その計算結果が、 ハイト マップを下げる実際の値となります。

Hydro Erosion ツールの使用方法

この例では、Hydro Erosion ツールを使って丘の斜面のサーフェス上に雨の侵食をペイントしています。雨が降り続くと、 ランドスケープが侵食されていくように見せます。ツール設定の雨量と侵食面積を変更して、侵食の外見を調節します。

以下の制御を使用して、ランドスケープ ハイトマップに水による浸食の地形を生成します。

操作

処理内容

マウスの左ボタン

ノイズ フィルタを使って、ハイトマップを部分的に侵食します。

Before

After

この例では、Hydro Erosion ツールをランドスケープ上に適用すると、時間と共にまるで雨がサーフェスを侵食しているかのようにハイトマップを処理するシミュレーションが実行されます。ランドスケープに裂け目が生成され、 凹凸のある形状になります。

ツール設定

Hydro Erosion Tool

HydroErosionToolProperties.png

プロパティ

説明

Tool Strength

1 回のブラシ ストロークの強度を調節します。

Rain Amount

サーフェスへ適用するための雨量です。値が高ければ高いほど、侵食は大きくなります。

Sediment Cap.

水に流される堆積物の量です。値が高ければ高いほど、侵食は大きくなります。

Iterations

実行されるイタレーション数です。値が高くなるほど、浸食レベルがあがります。

Initial Rain Distribution

雨をランダムに降らせるか、領域全体に降らせるかを設定します。

選択

説明

Both

ランダム パターンを使って、雨が降る領域とそうでない領域があるように見えるようにハイトマップを侵食します。

Positive

適用した領域全体に雨が降って見えるように、ハイトマップを侵食します。

Rain Dist Scale

降り始めの雨をサーフェスへ適用するノイズ フィルターの大きさです。ノイズ フィルターは位置とスケールに結びつくので、Rain Dist. Scale を変えない限り、同じフィルターが同じ位置に繰り返し適用されます。

Detail Smooth

このオプションがチェックされると、指定した詳細スムージング値を使って、詳細度を維持したままのスムージングを侵食エフェクトに対して実行します。詳細スムージング値が大きくなると詳細度が下がり、詳細スムージング値が小さくなると詳細度が保たれます。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信