サブレベルで連携して作業する

サブレベルを使って同じ空間で作業する他のデザイナーと連携して作業することができます。

Windows
MacOS
Linux

レベルはバイナリ アセットです。これにより、プロジェクトの同じ領域で作業するチームの仲間と連携して作業する場合にいくつかの問題が生じることがあります。

ただし、Always Streaming サブレベルをセットアップすることで複数の人が同じゲーム「空間」で同時に作業することができます。例えば、シーンのすべてのオーディオを含むサブレベルを作ることができます。 また、背景にレイアウトするスタティックメッシュだけを含むサブレベルを作ることができます。各サブレベルで、一度に作業できるのは一名ですが、シーンのアクタを注意深く分けることで、 作業領域が重なるのを最小限に抑えることができます。

例えば、シューティング ゲームにはオーディオ、コリジョン、ゲームプレイのアイテム、ライト、およびプレイヤーは見ることができるがインタラクションしない周囲の美しい背景のための Always Streaming (常にストリーミングする) サブレベルがあります。

ShooterGameAlwaysLoaded.png

Level Coloration (レベルの色) を切り替えて、現在ロードされているレベルでシーンのどのアクタが存在しているかを視覚化することができます。

サブレベルの Level ブループリントを互いに通信させて、あるサブレベルのスイッチで、例えば他のサブレベルのライトを切り替え可能にすることもできます。

Level ウィンドウ で、常にロードさせたい任意のレベルを右クリックして、コンテキスト メニューにある [Change Streaming Method] にカーソルを乗せます。[Always Loaded] をクリックします。

AlwaysLoaded.png

レベルが常にゲーム内で見えるようにするには、ライティングやナビゲーションを再ビルドする前に [Levels] ウィンドウでオンに切り替えるようにします。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback