Switch アクタを使用する

Switch アクタを使用して、複数の相互排他的な子アクタの可視性を瞬時に切り替える方法について説明します。

Windows
MacOS
Linux

Switch アクタを使用すると、レベル内のアクタや、アクタの階層全体の可視性を素早く切り替えることができます。

一度に可視にできるのは Switch アクタの子 1 つのみです。可視にする子アクタを選択すると、Switch アクタによってその他すべての子アクタとその子孫が自動的に不可視になります。次に、選択した 1 つの子アクタとその子孫が Switch アクタによって可視になります。

これは、相互排他的なレベル アクタまたはアクタの階層があり、それらのアクタのうち 1 つ (またはアクタの階層) のみを常に表示する場合に大変便利です。例えば、次の画像のように、異なるジオメトリを含む一連の Static Mesh アクタによって表現されるトリムを複数提供する車コンフィギュレータがあるとします。

Multiple mutually exclusive Actor hierarchies

表示される車のトリム オプションを別なものに切り替えるには、複数のアクタの表示と非表示を処理する必要があります。ブループリントまたは Variant Manager を使用して、さらには Unreal Editor で手動で設定してこれを処理することはできますが、数十、数百ものアクタの可視性を同時に変えるのは非常に大変な作業です。Switch アクタをすべてのトリム オプションに対する親として使用すると、この Switch アクタの親に 1 つのオプションを設定することで、さまざまなトリムを簡単に切り替えることができます。

Switch アクタは、[Editor (エディタ)] > [Variant Manager Content (Variant Manager コンテンツ)] プラグインに含まれています。このプラグインは通常はデフォルトで有効になりますが、[Mode (モード)] パネルに Switch アクタが表示されない場合は、プロジェクトでこのプラグインを有効にしてください。

Switch アクタをレベルに追加する

Switch アクタ[Mode (モード)] パネルの [All Classes (すべてのクラス)] タブに含まれています。これを [Mode (モード)] パネルからレベル ビューポートにドラッグします。

Add the Switch Actor to your Level

表示する子アクタを選択する

以下のセクションでは、Switch アクタの表示する子を選択するための方法について説明します。

Unreal Editor を使用する

[World Outliner (アウトライナ)] で Switch アクタを選択します。[Details (詳細)] パネルの [Switch Actor] > [Selected Option (選択したオプション)] 設定に移動します。このドロップダウンには、Switch アクタを親とするすべての子アクタの名前が表示されます。

Selected Option setting

可視にするオプションを選択します。

ブループリントを使用する

Switch アクタには、選択した子に対する作業に使用できるブループリント API が備わっています。ブループリント グラフ内で Switch アクタへの参照からドラッグすると、Switch Actor カテゴリに以下のノードが表示されます。

Switch Actor Blueprint API

ノード

名前

説明

Get Options

Get Options

現在この Switch アクタを親とするすべての子アクタへの参照の配列を返します。

Get Selected Option

Get Selected Option

現在表示されている子アクタのインデックスを返します。

Select Option

Select Option

指定したインデックスを持つ子を選択するために、Switch アクタを変更します。

Get Options によって返される配列は、Switch アクタの [World Outliner (アウトライナ)] または [Details (詳細)] パネルで表示される子アクタの順序と必ずしも一致しません。また、Get Selected Option で返されるインデックス番号と、Select Option を呼び出す際に指定するインデックス番号は、いずれもこの配列内の要素を識別するものです。

Variant Manager パネルを使用する

Variant Manager で Switch アクタをバリアントにバインドすると、Selected Option プロパティがキャプチャされます。[Values (値)] 列にはドロップダウンがあり、これには Switch アクタを親とするすべての子アクタの名前が表示されます。

このバリアントが有効に切り替わった際に可視にするオプションを選択します。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信