シーン バリアントを操作する

Variant Manager により、シーンの表現を切り替える処理が容易になります。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

デザイン データに関連してリアルタイム 3D エクスペリエンスを作成する際は、シーン内のオブジェクトの状態を頻繁に切り替える必要があります。これには、3D 空間内のオブジェクトの位置と回転をある場所から別の場所に切り替えることや、特定のオブジェクトの表示と非表示、マテリアルの変更、ライトのオンとオフなど、さまざまな切り替えが含まれます。

これは、特に機械設計および工業デザイン アプリケーションにおいては頻繁に求められる処理で、一部の業界標準のモデリングおよびシーン デザイン ツールでは、シーンのさまざまなバージョンを表すための バリアント を複数設定することができます。これは「150% BOM」 (Bill of Materials: 部品表) とも呼ばれ、シーン内に 100% 以上の可視オプションが含まれていることを意味します。

典型的な例として、車やバイク、飛行機など、高価な乗り物を実際に組み立てる、または製造する前に、顧客が乗り物向けのさまざまなオプションを試すことのできるコンフィギュレータがあります。次のビデオでは、ホイール トリムやブレーキ キャリパー、ボディの塗装などのアイテムに対する複数のオプションを試すことのできる車コンフィギュレータを取り上げています。

ビジュアリゼーション プロジェクトでこうした状況をうまく処理できるよう、Unreal Engine では Variant Manager という支援機能を開発しました。Variant Manager により、シーンに複数のバリアントを設定して、エディタ内とランタイムの両方でこれらのバリアントを切り替える処理が容易になります。例えば、上記のサンプル アプリケーションでは、それぞれの使用可能なオプションに Variant Manager が設定されています。シンプルなオンスクリーン UMG UI によって、Variant Manager により公開されているブループリント関数が呼び出され、これらのオプションがオンデマンドで有効になります。

このセクションの以下の項目では Variant Manager について説明し、Variant Manager を使って同様の効果を生成する方法についても説明します。

入門編

操作方法

資料提供

このページで使用されている車のモデルは Allegorithmic のご好意によるものです。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信