イベントをトリガーし、ビジビリティを切り替える

イベントとビジビリティを使って、カウントダウン後に爆発する岩を作成する方法を説明します。

Windows
MacOS
Linux

以下の手順では、タイマー カウントダウン後に爆発し、Matinee EventVisibility トラックを使用してエフェクトをスポーンする岩を作成します。

プロジェクトを作成する

このセクションでは、プロジェクトをセットアップします。

  1. [Unreal Project Browser] ウィンドウから 新規プロジェクト を作成し、Blueprint Third Person テンプレートを使用します。

    MatineeHowTo.jpg

  2. [Include starter content (スターター コンテンツを含める) ] を必ず有効にしてください。

  3. プロジェクトに名前を付けます。

  4. 上記をそれぞれ定義して、 [Create Project] をクリックして新規プロジェクトを作成します。

Matinee アクタとプロップを追加する

この手順では、Matinee アクタ とシーンで使用するアセットを追加します。

  1. ツールバー メニューから [マチネ] を選択し、[Add Matinee (マチネ追加)] ボタンをクリックします。

    MHT1_AddMatinee.png

  2. マチネ の undo 警告メッセージが表示されたら、[Continue] ボタンをクリックします。

    MHT1_MatineeWarning.png

  3. [Matinee Editor] ウィンドウが開きます。

    クリックしてフルサイズで表示

  4. マチネを最小化し、コンテンツ ブラウザ「Game/Props」 フォルダで SM_Rock右クリック し、[Create Destructible Mesh (被破壊メッシュを作成)] を選択します。

    MHT8_CreateDM.png

  5. [Destructible Mesh] ウィンドウが開きます。ツールバーから [Fracture Mesh (フラクチャ(破砕)メッシュ)] ボタンをクリックします。

    MHT8_FractureMesh.png

  6. [Destructible Settings (被破壊設定)] で、Fracture Effects0 を展開し、Particle System でドロップダウン メニューをクリックし、P_Explosion を展開します。

    MHT8_AssignParticleEffct.png

  7. 同じセクションで、[サウンド] ドロップダウンメニューをクリックし、[Explosion01] アセットを選択します。

    MHT8_AssignSound.png

  8. ツールバーから、[保存] ボタンをクリックして、ウィンドウを閉じます。

  9. コンテンツ ブラウザSM_Rock_DM アセットをレベルにドラッグします。

    MHT8_DragRockIn.png

  10. Game/Particlesコンテンツ ブラウザ で、P_Fire エフェクトをドラッグして、レベルの岩の内側にドロップします。

    MHT8_AddFire.png

  11. P_Fire[詳細] パネルで、スクロールダウンし、Activation セクションを探して [Auto Activate (自動アクティベート)] のチェックを外します。

    MHT8_UncheckAutoActivate.png

    これによりレベル内にアセットが保持されますが、マチネ で指示するまでアクティベートしません。

  12. TextRenderActor テキストを選択し、それを以下の小さなボックスに移動します (E キーを押して、回転モードにし、前方向に回転させます)。

    MHT8_MoveTemplateText.png

  13. TextRenderActor の [Details] パネルで、 Text セクションの Text 欄を 3 に置き換えます。

    MHT8_3.png

    これはタイマーとして機能し、爆発がトリガーするまでカウントダウンします。

  14. さらにこの [詳細] パネル内で Transform の下にある Location 値が後で必要になるため、メモをとります。

    MHT8_TextLocation.png

  15. レベル ビューポートでまだテキストを選択したままの状態で Control+W を押して Text Render アクタを複製します。

  16. 新しい Text Render アクタの [詳細] パネル内で、Location をもうひとつの Text Render Actor と同じになるように設定し、Text2 に設定します。

    MHT8_2.png

  17. 上の 2 つのステップを繰り返して もうひとつ Text Render アクタを作成します。他と同じ位置に設定し、テキストを 1 に設定します。

  18. [詳細] パネルで、各 Text Render アクタに対して、 Rendering[Actor Hidden In Game] オプションのチェックを入れます。

    MHT8_ActorHiddenInGame.png

    マチネでアクタの可視性と、デフォルトで非表示になっているものを制御します。

マチネにアセットを追加し、トラックを設定する

このステップではすべてのアセットを マチネ に追加し、シーケンスを操作するために使うトラックを定義します。

  1. ワールド アウトライナー またはビューポートからマチネを選択し、[詳細] パネルで [Open Matinee] を選択し、開いたら最小化します。

  2. ビューポートで岩を 選択 し、マチネに戻り、トラック ウィンドウ で、右クリック し、Add New Empty Group を選択します。

    MHT8_AddEmptyGroup.png

    この新規グループに名前を付けるよう表示されたら名前を付けます。この例では、Rock グループとします。

  3. グループ上で 右クリック してコンテキスト メニューから Add New Event Track を選択します。

    MHT8_AddEventTrack.png

  4. Event Track を選択した状態で、タイムバー4.00 まで移動し、[Enter] キーを押してキーフレームを追加します。次にこのイベントに、Explode と名前を付けます。

    MHT8_EventTrackComplete.png

  5. 5.00 の赤い終了マーカ上で 右クリック し、Move To Longest Track Endpoint を選択し、シーケンスの長さを 4.00 に減らします。

    MHT8_SetLength.png

  6. マチネを最小化し、ワールド アウトライナー で 3 に設定されている Text Render アクタを選択します。

  7. Tracks ウィンドウでマチネに戻ります。右クリック し、[Add New Empty Group] を選択し、Text-3 などの名前を付けます。

    MHT8_Text3Added.png

  8. グループ上で 右クリック して [Add New Visibility Track] を選択します。

    MHT8_AddNewVisTrack.png

  9. 前の 2 つの手順を繰り返し、2 つの新規グループ (Text-2Text-1) を両方とも Visibility トラックで作成します。

    MHT8_MatineeSetupComplete.png

  10. Track-3 の Visibility トラックをクリックして、タイムバーを 1.00 に移動し、Enter を押します。次に、ポップアップ メニューから Show を選択してキーフレームを追加します。

    MHT8_Show3.png

  11. タイムバーを 2.00 に移動し、[Enter] を押します。次に、ポップアップ メニューから [Hide] を選択します。

    MHT8_Hide3.png

    1.002.00 の間にバーが作成されます。これは、テキスト 3 が表示されたら 1 秒であることを示します。

  12. 前の 2 つの手順を繰り返します。テキスト 22.00 から 3.00 の間を 表示/非表示 にし、テキスト 13.00 から 4.00 の間に 表示/非表示 にし、マチネ を閉じます。

    MHT8_MatineeFinished.png

Matinee アクタをブループリントで使用する

この手順では、Explode eventが マチネ シーケンスで呼び出されたときにイベントをトリガーし、マチネ 終了時にパーティクル エフェクトをアクティベートします。

  1. レベル ビューポートまたは ワールド アウトライナーMatinee アクタ を選択します。次に、メイン ツールバーから ブループリント ボタンをクリックし、[Open Level Blueprint] を選択します。

    MHT8_OpenLevelBlueprint.png

  2. グラフ ウィンドウ内で 右クリック し、[Add MatineeController] オプションを選択します。

    MHT8_AddMatineeController.png

  3. Level ブループリント を最小化し、レベルで岩を選択し、Level ブループリントに戻り、グラフ内で 右クリック し、[Add Reference to SM_Rock_DM] を選択します。

    MHT8_AddReferenceToRock.png

  4. Level ブループリントを再度最小化し、P_Fire アセットを選択し、Level ブループリントに戻り、右クリック し、[Add Reference to P_Fire] を選択します。

    MHT8_ReferencesAdded.png

  5. SM_Rock_DM ノードの出力ピンで左クリックしてドラッグし、表示されるウィンドウで、Apply とテキスト入力し、[Apply Radius Damage] をクリックします。

    MHT8_ApplyRadiusDamage.png

  6. Matinee アクタの Explode の出力ピン上で 左クリック し、それをドラッグして Apply Radius Damage ノードの入力ピンに接続します。次に各浮動小数点値を 12000 に設定します。

    MHT8_ExplodeComplete.png

  7. SM_Rock_DM ノードの出力ピン上で左クリックし、ドラッグして表示されるウィンドウで、Location とテキスト入力し、[Get Actor Location (アクタの位置を取得)] をクリックします。

    MHT8_GetActorLocation.png

  8. Get Actor Location ノードの出力ピン上で左クリックしてドラッグし、Apply Radius Damage ノードの Hurt Origin の入力ピンに接続します。

    MHT8_HurtOrigin.png

  9. P_Fire ノード の出力ピン上で左クリックしてドラッグし、表示されるウィンドウで Activate とテキスト入力し、[Activate] オプションを選択します。

    MHT8_ActivateNode.png

  10. Matinee アクタの Finished の出力ピン上で左クリックしてドラッグし、それを Activate ノードの入力ピンに接続します。

    MHT8_BlueprintFinished.png

  11. ツールバーで [Compile] ボタンをクリックして Level ブループリントを閉じます。

    MHT8_Compile.png

  12. ワールド アウトライナーで Matinee アクタ をクリックし、[詳細] パネルで [Play on Level Load (レベルのロード時に再生)] をクリックします。

    MHT8_PlayOnLoad.png

  13. メインツールバーで [Play] ボタンをクリックしてエディタで再生します。

    カウントダウンの数字テキストに続きパーティクルとサウンドのエフェクトを伴った岩の爆発があり、その後、岩があった場所に炎が見えるはずです。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback