エミッタの設定

このページには、ナイアガラ エミッタにおけるエミッタ設定グループの参考情報を記載しています。

Windows
MacOS
Linux

エミッタのプロパティ アイテム

デフォルトでは、エミッタのプロパティ アイテムは、空のエミッタを作成したとしても、作成した各エミッタに含まれます。エミッタのプロパティ アイテムには、次の基本パラメータがあります。

パラメータ

説明

エミッタ

Local Space

エミッタ内のパーティクルをこのエミッタに関連付けるか、グローバル空間に関連付けるかを切り替えます。

Determinism

乱数生成器 (RNG) がグローバルに決定的か非決定的かを切り替える設定です。エミッタのデフォルト設定となる乱数の計算はこの設定を継承します。それぞれの乱数を決定的あるいは非決定的に設定することも可能です。この場合 deterministic は、デルタタイムが可変でない限り、エミッタの同じ設定に対して RNG が結果を返すことを意味します。エミッタの各スクリプトを変更することで、結果が調整されます。

Random Seed

Determinism (決定的) 設定がオンの場合、これは、決定的乱数生成器に対するエミッタ ベースのシードになります。

Sim Target

シミュレーションを CPU で実行するか GPU で実行するかを決定します。

Fixed Bounds

固定した境界を編集可能にするかどうかを決定する設定です。有効にすると、X、Y、Z の最小値と最大値の設定が調整できます。

Interpolated Spawning

この設定を有効にすると、このエミッタは補間されたパラメータ値を使用してスポーンし、スポーン時に部分的な更新を実行します。これによりスポーンのための負荷が大幅に増大します。ただし、スポーン率が高い場合、フレーム レートが一定ではない場合、および迅速に移動するエミッタのスポーンがはるかにスムーズになります。

Requires Persistent

有効にすると、放射されたすべてのパーティクルに永続的な ID が割り当てられます。

スケーラビリティ

Minimum Detail Level

現在の Unreal Engine の詳細度がこの値を下回ると、エミッタが無効になります。

Maximum Detail Level

現在の Unreal Engine の詳細度がこの値を上回ると、エミッタが無効になります。

アセット オプション

Is Template Asset

この設定を有効にすると、このエミッタはテンプレート アセットとして識別されます。

Template Asset Description

このエミッタをテンプレート アセットとして識別すると、ドロップダウン矢印をクリックすると、インライン テキストと参照テキストの追加設定が表示されます。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信