ナイアガラのレンダラ

このドキュメントでは、ナイアガラ エミッタの Renderer グループのリファレンス情報について説明します。

Windows
MacOS
Linux

このドキュメントでは、Unreal Engine がスポーンされた各パーティクルをどのように表示するかを記述します。これを視覚化する必要はないことに注意してください。モジュールとは異なり、スタック内のレンダラの配置は、描画順序とは必ずしも関係ありません。現在、次の 4 種類のレンダラがサポートされています。

  • Sprite Renderer

  • Mesh Renderer

  • Ribbon Renderer

  • Light Renderer

次のセクションでは、それぞれのレンダラで使用できるパラメータ、およびそのパラメータの機能の説明を一覧で表示します。

Sprite Renderer (NiagaraSpriteRenderer)

Niagara Sprite Renderer には次の基本パラメータがあります。

パラメータ

説明

Sprite Rendering

Material

パーティクルのレンダリングに使用するマテリアルを選択します。選択するマテリアルは、Use with Niagara Sprites フラグがオンになっている必要があります。

Alignment

他のパラメータがどのようにパーティクルのアライメントに影響を与えるかを定義します。たとえば、Unaligned 設定は、Particle.SpriteRotation および FacingMode パラメータのみがパーティクルのアライメントに影響することを示します。

Facing Mode

スプライト パーティクルがカメラに対してどのように向きを合わせるかを定義します。たとえば、Face Camera 設定は、パーティクルの原点が常にその軸をカメラの軸に合わせようとすることを示します。

Custom Facing Vector Mask

CustomFacingVector モードとともに、軸ごとの補間係数として使用され、スプライト パーティクルがカメラに対してどのように向きを合わせるかを決定します。XY、および Z 軸を個別に設定できます。「1.0」 に設定すると、スプライト パーティクルは完全にカスタム ベクターの方向を向きます。「0.0」 に設定すると、標準の対面方法が用いられます。

Pivot in UVSpace

このパーティクルのピボット ポイントの位置が決まります。これは Unreal Engine の UV 空間に従っており、画像の左上が 0,0、画像の右下が 1,1 にあり、中間点が 0.5,0.5 にあります。

Remove HMD Roll

VR で HMD ビューのロールを削除するには、このチェックボックスをオンにします。

Minimum Facing Camera Blend Distance

FacingCameraDistanceBlend が完全に FacingCamera となる距離です。

Maximum Facing Camera Blend Distance

FacingCameraDistanceBlend が完全に FacingCamera となる距離です

並べ替え

Sort Mode

レンダリング前にパーティクルを並べ替える方法を決定します。選択肢は次のとおりです。

  • None:パーティクルはソートはされません。

  • View Depth:カメラのニア プレーンの深度でソートされます。

  • View Distance:カメラの原点からの距離でソートされます。

  • Custom Ascending:パーティクル単位の属性に従ってソートされます。低い値は高い値の前にレンダリングされます。

  • Custom Descending:パーティクル単位の属性に従ってソートされます。高い値は低い値の前にレンダリングされます。

Sort Only When Translucent

これがオンになっている場合、半透明マテリアルを使用している時にのみ、パーティクルがソートされます。

Sub UV

Sub Image Size

パーティクルのサブイメージのルックアップを使用する時に、列 (X) と行 (Y) を指定します。

Sub UV Blending Enabled

これがオンになっている場合、サブイメージの UV ルックアップは、SubImageIndex の float 値の小数部分をリニア補間係数 (lerp) として使用して、次の隣接するメンバーとブレンドされます。

Bindings

Position Binding

スプライトを生成するときに位置に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.Position 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルト変数である Engine.Owner.Position を使用します。ドロップダウンには、Particles.Position と同じデータ型を持つ他の変数が表示されまが、多くの場合、これらのオプションをここで使用する意味はありません。

Color Binding

スプライトを生成するときに色に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.Color 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。R:1、G:1、B:1、A:1. このレンダラに入力するデータをカスタマイズする場合は、代わりに互換性のある他の属性を使用できます。

Velocity Binding

スプライトを生成するときに速度に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particle.Velocity 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルト値の X:0、Y:0、Z:0 を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Sprite Rotation Binding

スプライトを生成するときに回転 (度単位) に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.SpriteRotation 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの 0 を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Sprite Size Binding

スプライトを生成するときにサイズに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particle.SpriteSize 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:50、Y:50。このレンダラに入力するデータをカスタマイズする場合は、代わりに互換性のある他の属性を使用できます。

Sprite Facing Binding

スプライトを生成するときに方向に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.SpriteFacing 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:1, Y:0、Z:0 を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Sprite Alignment Binding

スプライトを生成するときにアライメントに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.SpriteAlignment 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:1, Y:0、Z:0 を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Sub Image Index Binding

スプライトを生成するときにスプライトのサブイメージのインデックスに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.SubImageIndex 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの 0 を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Dynamic Material Binding

スプライトを生成するときに動的マテリアル パラメータに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.DynamicMaterialParameter が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:1, Y:1、Z:1、W:1

Dynamic Material 1Binding

スプライトを生成するときに動的マテリアル パラメータに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.DynamicMaterialParameter1 が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:1, Y:1、Z:1、W:1

Dynamic Material 2Binding

スプライトを生成するときに動的マテリアル パラメータに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.DynamicMaterialParameter2 が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:1, Y:1、Z:1、W:1

Dynamic Material 3Binding

スプライトを生成するときに動的マテリアル パラメータに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.DynamicMaterialParameter3 が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:1, Y:1、Z:1、W:1

Camera Offset Binding

スプライトを生成するときにカメラ オフセットに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.CameraOffset 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの 0 を使用します。ドロップダウン メニューから他の互換性のある属性を選択できます。

UVScale Binding

スプライトを生成するときに UV スケールに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.UVScale 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:1, Y:1. ドロップダウン メニューから他の互換性のある属性を選択できます。

Material Random Binding

スプライトを生成するときにマテリアルのランダム化に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.MaterialRandom が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの 0 を使用します。ドロップダウン メニューから他の互換性のある属性を選択できます。

Custom Sorting Binding

カスタム ソートに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.NormalizedAge 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの 0 を使用します。ドロップダウン メニューから他の互換性のある属性を選択できます。

Normalized Age Binding

カスタム ソートに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.NormalizedAge 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの 0 を使用します。ドロップダウン メニューから他の互換性のある属性を選択できます。

Cutout

Use Material Cutout Texture

これがオンになっている場合、マテリアルの Opacity Mask (オパシティ マスク) のカットアウト テクスチャを使用します。存在しない場合は、マテリアルの Opacity (オパシティ) のカットアウト テクスチャを使用します。

Cutout Texture

バウンディング ジオメトリの作成元となるテクスチャを選択します。

Bounding Mode

境界の頂点数を設定します。境界の頂点数を増やすと、オーバードローが減りますが、三角ポリゴンのオーバーヘッドが増えます。8 頂点モードは、Sub UV テクスチャに 4 頂点モードではキャプチャされない切り取り領域が多い場合、およびテクスチャを使用するパーティクルが少数で大きい場合に最適です。

Opacity Source Mode

この設定には、次のオプションがあります。

  • OSM Alpha

  • OSM Color Brightness

  • OSM Red Channel

  • OSM Green Channel

  • OSM Blue Channel

Alpha Threshold

アルファ チャンネルの値がこのしきい値よりも大きいと、画面を専有していると見なされ、バウンディング ジオメトリ内に収容されます。このしきい値を少し上げることで、このアニメーション アセットを使用するパーティクルのオーバードローを削減できます。

Sort Order

Sort Order Hint

デフォルトでは、エミッタはナイアガラ システムのスタックに追加された順序で描画されます。Sort Order Hint の値を使用すると、描画順序をより詳細に制御できます。同じタイプのマテリアルは、システム内で最も低い Sort Order 値から最も高い値の順に描画されます。デフォルト値は 0 です。

Mesh Renderer (NiagaraMeshRenderer)

Niagara Mesh Renderer モジュールには次の基本パラメータがあります。

パラメータ

説明

メッシュ レンダリング

Particle Mesh

メッシュ パーティクルのレンダリング時に、インスタンス化されるスタティック メッシュを決定します。デフォルトでは、スタティック メッシュのマテリアルが使用されます。マテリアルの Niagara Mesh Particles フラグがオンになっている必要があります。

Override Materials

これがオンになっている場合、スタティック メッシュのマテリアルの代わりに、使用されるマテリアルの配列が定義されます。すべてのオーバーライド マテリアルの Niagara Mesh Particles フラグがオンになっている必要があります。パーティクル メッシュがこの配列に存在するマテリアルよりも多くのマテリアルを必要とする場合、またはこの配列のエントリのいずれかが None に設定されている場合は、エミッタはパーティクル メッシュの既存のマテリアルを代わりに使用します。

Facing Mode

インスタンス化されたメッシュがカメラに対してどのように向きを合わせるかを決定します。

  • Default:カメラを完全に無視します。メッシュは、Particles.Transform ベクター (存在する場合) による変換後、自身のローカル空間の X 軸をパーティクルのローカル空間の X 軸に合わせます。

  • Velocity:メッシュは、自身のローカル空間の X 軸をパーティクルの Particles.Velocity ベクターに合わせます。

  • Camera Position:メッシュのローカル空間の X 軸は、カメラの方向を指します。

  • Camera Plane:メッシュのローカル空間の X 軸は、カメラのビュー プレーン上の最も近い点を指します。

並べ替え

Sort Mode

レンダリング前にパーティクルを並べ替える方法を決定します。選択肢は次のとおりです。

  • None:パーティクルはソートはされません。

  • View Depth:カメラのニア プレーンの深度でソートされます。

  • View Distance:カメラの原点からの距離でソートされます。

  • Custom Ascending:パーティクル単位の属性に従ってソートされます。低い値は高い値の前にレンダリングされます。

  • Custom Descending:パーティクル単位の属性に従ってソートされます。高い値は低い値の前にレンダリングされます。

Sort Only When Translucent

これがオンになっている場合、半透明マテリアルを使用している時にのみ、パーティクルがソートされます。

バインディング

Position Binding

インスタンス化されたメッシュを生成するときに位置に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.Position 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトである Engine.Owner.Position 変数を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Color Binding

インスタンス化されたメッシュを生成するときに色に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.Color 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。R:1、G:1、B:1、A:1

Velocity Binding

インスタンス化されたメッシュを生成するときに速度に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.Velocity 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:0、Y:0、Z:0 を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Mesh Orientation Binding

インスタンス化されたメッシュを生成するときにメッシュの向きに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.MeshOrientation 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:0、Y:0、Z:0、W:1

Scale Binding

インスタンス化されたメッシュを生成するときにスケールに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.Scale 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:1, Y:1, Z:1. 代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Dynamic Material Binding

インスタンス化されたメッシュを生成するときに動的マテリアル パラメータに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.DynamicMaterialParameter が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:1, Y:1、Z:1、W:1

Dynamic Material 1Binding

インスタンス化されたメッシュを生成するときに動的マテリアル パラメータに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.DynamicMaterialParameter1 が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:1, Y:1、Z:1、W:1

Dynamic Material 2Binding

インスタンス化されたメッシュを生成するときに動的マテリアル パラメータに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.DynamicMaterialParameter2 が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:1, Y:1、Z:1、W:1

Dynamic Material 3Binding

インスタンス化されたメッシュを生成するときに動的マテリアル パラメータに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.DynamicMaterialParameter3 が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:1, Y:1、Z:1、W:1

Material Random Binding

インスタンス化されたメッシュを生成するときにマテリアルのランダム化に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.MaterialRandom 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの 0 を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Custom Sorting Binding

カスタム ソートに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.NormalizedAge 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの 0 を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Normalized Age Binding

ノーマライズされた Age に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.NormalizedAge 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの 0 を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Sort Order

Sort Order Hint

デフォルトでは、エミッタはナイアガラ システムのスタックに追加された順序で描画されます。Sort Order Hint の値を使用すると、描画順序をより詳細に制御できます。同じタイプのマテリアルは、システム内で最も低い Sort Order 値から最も高い値の順に描画されます。デフォルト値は 0 です。

Ribbon Renderer (NiagaraRibbonRenderer)

Niagara Ribbon Renderer モジュールには次の基本パラメータがあります。

パラメータ

説明

Ribbon Rendering

Material

パーティクルのレンダリングに使用するリボンを選択します。

Facing Mode

リボンがカメラに対してどのように向きを合わせるかを決定します。

  • Screen:リボンは画面の方を向いています。

  • Custom:対面するベクターとして Particles.RibbonFacing を使用します。

  • Custom Side Vector:Particles.RibbonFacing をサイド ベクターとして使用し、それから対面するベクターを計算します。 このモードでのリボンのツイストの使用はサポートされていません。

UV0 Tiling Distance

リボンが移動した距離に基づいて UV チャンネル 0 をタイリングします。存在時間による UV のオフセットが無効になります。

UV0 Scale

Tiling Distance を使用しているときの UV チャンネル 0 のスケールを定義します。

UV0 Offset

Tiling Distance を使用しているときに UV チャンネル 0 に使用されるオフセットを定義します。

UV0 Age Offset Mode

存在時間で UV チャンネル 0 をオフセットするときに使用するモードを定義します。リボンの終端でパーティクルが追加および削除されるとき、テクスチャの動きをスムーズにすることができます。Ribbon Link Order Binding または Tiling Distance が使用されているときは使用されません。

UV1 Tiling Distance

リボンが移動した距離に基づいて UV チャンネル 1 をタイリングします。存在時間による UV のオフセットが無効になります。

UV1 Scale

Tiling Distance を使用しているときの UV チャンネル 1 のスケールを定義します。

UV1 Offset

Tiling Distance を使用しているときの UV チャンネル 1 のオフセットを定義します。

UV1 Offset Mode

存在時間で UV チャンネル 1 をオフセットするときに使用するモードを定義します。リボンの終端でパーティクルが追加および削除されるとき、テクスチャの動きをスムーズにすることができます。Ribbon Link Order Binding または Tiling Distance が使用されているときは使用されません。

Draw Direction

Draw Direction は、リボンを前面から背面 (カメラから遠い点からカメラの近くの点へ) または背面から全面 (カメラに近い点からカメラから遠い点へ) のどちらにレンダリングするかを決定します。ただし、これは通常、マテリアルが半透明でリボンが折り重なる場合にのみ効果があります。

Tessellation

Curve Tension

カーブ テンション、またはカーブの接線の長さを定義します。設定の値の範囲は「0」から「1」です。この値を大きくするほど カーブがシャープになります。

Mode

テッセレーション モードを定義し、カスタム テッセレーション パラメータを有効にするか、テッセレーションを完全に無効にします。

  • Automatic:デフォルトのテッセレーション パラメータを使用します。

  • Custom:カスタマイズされたテッセレーション パラメータを使用できます。

  • Disabled:テッセレーションが無効になります。

Max Tessellation Factor

[Mode]Custom に設定すると、カスタム テッセレーション係数が定義されます。設定の範囲は 「1」 から 「16」 です。値を大きくすると、テッセレーションの量が増加します。

Use Constant Factor

これがオンになっている場合、Max Tessellation Factor が使用されます。それ以外の場合は、次のパラメータに基づいて適切にテッセレーション係数が選択されます。

Tessellation Angle

テッセレーションが発生する角度 (度単位) を定義します。設定の範囲は「1」から「180」です。値を小さくすると、テッセレーションの量が増加します。「0」の場合、Max Tessellation Factor が使用されます。

Screen Space

これがオンになっている場合、リボンのスクリーン スペースの割合を使用して、テッセレーション係数を適切に調整します。

Sort Order

Sort Order Hint

デフォルトでは、エミッタはナイアガラ システムのスタックに追加された順序で描画されます。Sort Order Hint の値を使用すると、描画順序をより詳細に制御できます。同じタイプのマテリアルは、システム内で最も低い Sort Order 値から最も高い値の順に描画されます。デフォルト値は 0 です。

Bindings

Position Binding

リボンを生成するときに位置に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.Position 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトである Engine.Owner.Position 変数を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Color Binding

リボンを生成するときに色に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.Color 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。R:1、G:1、B:1、A:1

Velocity Binding

リボンを生成するときに速度に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.Velocity 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:0、Y:0、Z:0 を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Normalized Age

リボンを生成するときに正規化した存在時間に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.NormalizedAge 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの 0 を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Ribbon Twist Binding

リボンを生成するときにリボンのツイストに使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.RibbonTwist 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの 0 を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Ribbon Width Binding

リボンを生成するときにリボンの幅に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.RibbonWidth 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの 1 を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Ribbon Facing Binding

リボンを生成するときにリボンの方向に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.RibbonFacing 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:0、Y:0、Z:1。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Ribbon Id Binding

リボンを生成するときにリボンの ID に使用される属性を定義します。Particles.RibbonID 属性が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。Index:0、AcquireTag:0

Ribbon Link Order Binding

リボンを生成するときにリボンのリンク順に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.RibbonLinkOrder 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの 0 を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Material Random Binding

リボンを生成するときにマテリアルのランダム化に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.MaterialRandom 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの 0 を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Dynamic Material Binding

リボンを生成するときに動的マテリアル パラメータに使用される属性を定義します。Particles.DynamicMaterialParameter が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:1, Y:1、Z:1、W:1

Dynamic Material 1Binding

リボンを生成するときに動的マテリアル パラメータに使用される属性を定義します。Particles.DynamicMaterialParameter1 が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:1, Y:1、Z:1、W:1

Dynamic Material 2Binding

リボンを生成するときに動的マテリアル パラメータに使用される属性を定義します。Particles.DynamicMaterialParameter2 が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:1, Y:1、Z:1、W:1

Dynamic Material 3Binding

リボンを生成するときに動的マテリアル パラメータに使用される属性を定義します。Particles.DynamicMaterialParameter3 が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。X:1, Y:1、Z:1、W:1

Light Renderer (NiagaraLightRenderer)

Niagara Light Renderer モジュールには次の基本パラメータがあります。

パラメータ

説明

Light Rendering

Use Inverse Squared

ライトの物理ベースの逆 2 乗フォールオフを使用するかどうかを決定します。これがオフになっている場合、代わりに Light Exponent Binding の値が使用されます。

Inverse Squared Falloff が無効の場合、線形フォールオフが使用されます。線形フォールオフの方が使いやすい場合が多いですが、結果が明るくなりすぎることがあります。逆 2 乗フォールオフは、よりリアルな明るさを作り出します。

Affects Translucence

このレンダラのライトが透過処理に影響するかどうかを決定します。使用する場合は注意が必要です。有効にした場合、少数のパーティクル ライトのみを作成します。大きくて数が多いほど、コストがかかります。

Radius Scale

この係数は、各パーティクル ライトの半径をスケールするために使用されます。

Color Add

レンダリングされた各ライトに適用される静的なカラー シフトです。XY、および**Z 軸の値を設定できます。これらの軸は、RG、および**B のカラー値に対応しています (X=R、Y=G、Z=B)。位置を示すものではありません。

Sort Order

Sort Order Hint

デフォルトでは、エミッタはナイアガラ システムのスタックに追加された順序で描画されます。Sort Order Hint の値を使用すると、描画順序をより詳細に制御できます。同じタイプのマテリアルは、システム内で最も低い Sort Order 値から最も高い値の順に描画されます。デフォルト値は 0 です。

Bindings

Light Rendering Enabled Binding

パーティクルのライトのレンダリングを有効にするかどうかを確認するために使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.LightEnabled 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの None を使用します。

Light Exponent Binding

Inverse Squared Falloff が無効になっているときに、ライトの指数に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.LightExponent 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの 10 を使用します。

Position Binding

ライトを生成するときに位置に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.Position 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトである Engine.Owner.Position 変数を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Color Binding

ライトを生成するときに色に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.Color 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの次の値を使用します。R:1、G:1、B:1、A:1

Radius Binding

ライトを生成するときにライトの半径に使用される属性を定義します。デフォルトでは、Particles.LightRadius 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの 100 を使用します。代わりに互換性のある他の属性を使用することもできますが、このバインディングに対して、ドロップダウンで使用可能なオプションを使用する意味がない場合もあります。

Volumetric Scattering Binding

このライトのボリュメトリック スキャタリングの強度に使用される属性を定義します。ライトの強度とカラーをスケールします。デフォルトでは、Particles.LightVolumetricScattering 変数が存在する場合、それを使用します。それ以外の場合は、デフォルトの 1 を使用します。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信