ナイアガラ システムとエミッタ モジュールのリファレンス

このページは、ナイアガラ システムとエミッタ モジュールのリファレンスの一部のドキュメントへリンクされています。

Windows
MacOS
Linux

このページでは、ナイアガラにおけるモジュールの仕組みに関する基本情報を説明します。はこの参照情報の下の各リンク先に、ナイアガラ プラグインで含まれるアイテムとモジュールの各グループに関する説明があります。

Niagara Selection スタック モデル

ナイアガラでのパーティクル シミュレーションは、スタック シミュレーションとしてスタックの上流から下流に向かって順番に実行して行われます。System モジュールを最初に実行し、そのシステム内の各エミッタと共有されているビヘイビアを処理します。次に、アイテムとモジュールを一意の各エミッタに対して実行します。その次に、Particle モジュールとパラメータを個々のエミッタで一意の各エミッタに対して実行します。最後に、Renderer アイテムが各エミッタでシミュレートされたパーティクル データの画面への出力方法を説明します。

Selection Stack に関する詳細は、Niagara Key Concepts の「Niagara Selection Stack and Stack Groups」セクションを参照してください。

モジュールはアイテムですが、アイデムはモジュールではありません。「モジュール」はユーザーが作成することができる編集可能なアセットです。「アイテム」はユーザーが作成することはできないシステムまたはエミッタの一部を指します。アイテムの例は、システム プロパティ、エミッタ プロパティ、レンダラです。

実行ステートの管理

ナイアガラ システムとナイアガラ エミッタには、シミュレーションの実行方法を定義する独特の実行ステートが付いています。システムの一部であるエミッタには、所有しているシステムとは別に、それぞれユニークな実行ステートがあるので、所有しているシステムと独立して実行方法を変更することができます。可能な実行ステートは以下の通りです。

  • Active:システムまたはエミッタによりシミュレーションが行われ、スポーンが可能です。

  • Inactive:システムまたはエミッタによりシミュレーションは行われませんが、新規のスポーンが可能です。

  • InactiveClear:システムまたはエミッタにより所有するすべてのパーティクルが破壊された後、"Inactive" 実行ステートへ移ります。

  • Complete:システムまたはエミッタによりシミュレートは行われず、レンダリングも実行されません。

設定、グループ、レンダラ

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信