GPUパーティクルエフェクトの作成

Description:GPU を使って無数のパーティクルをスポーンする方法を説明します。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

前提トピックス

このページでは以下のトピックについての知識があることを前提としています。以下のページをあらかじめ確認することをおすすめします。

時にはエフェクトで数万ものパーティクルを生成することが必要になることがあります。しかし、通常の CPU でこれだけ多くのパーティクルを生成しようとするとゲームが処理落ちしてしまいます。ここでは CPU の代わりに GPU を使ってパーティクルを生成する方法を説明します。

GPU_Banner_01-1.png

ステップ

  1. まず コンテンツ ブラウザ を 右クリックして、コンテキスト メニューから [FX > Niagara Emitter] を選択して ナイアガラエミッタ を作成します。ナイアガラ システム ウィザードが表示されます。
    SE_01.png

  2. [Create a new emitter from an emitter template] の横にあるラジオボタンをクリックします。 Fountain テンプレートを選択します。 OK をクリックして、コンテンツ ブラウザで、新規のナイアガラエミッタを作成します。

    ![](NiagaraEmitter_FountainTemplate.png)(w:400)

  3. 新規作成したナイアガラエミッタに FX_GPU という名前を付けて、その上でダブルクリックして開きます。
    CreateGPU_Steps_Step2-CreateEmitter.png

  4. Emitter Spawn セクションを展開します。 Emitter Properties を見つけて展開します。 Sim Target の横のドロップダウンをクリックします。表示されるリストから [GPUCompute Sim] オプションを選択します。
    CreateGPUParticle_Steps_Step06-ChangeToGPU.png

この部分でパーティクルシミュレーションが CPU から GPU へ変更されます。これによりパフォーマンスを維持しつつより多くのパーティクルを発生できるようになります。

  1. Emitter Update セクションを展開します。 Spawn Rate モジュールを見つけます。

  2. 次に [Spawn Rate] モジュールで、[Spawn Rate] を値 5000 に設定します。
    CreateGPUParticle_Steps_Step07-SpawnRate.png

  3. 次に、 Set Variables モジュールを見つけます。 Particles.SpriteSizeXY の値に 5 を設定します。

    ![](CreateGPUParticle_SetVariablesParticleSpriteSize.png)(w:500)

  4. Sphere Location モジュールで、Sphere Radius100 に設定します。

    ![](CreateGPUParticle_Steps_Step04-SphereRadius.png)(w:500)

  5. [Compile][Apply] ボタンと [Save] ボタンをクリックして、コンパイルしてから保存します。そして FX_GPU エミッタを閉じます。
    ME_09.png

  6. コンテンツ ブラウザ を 右クリックして、コンテキスト メニューから [FX > Niagara System] を選択します。ナイアガラ システム ウィザードが表示されます。
    SE_16.png

  7. [Create an empty system with no emitters] の横にあるラジオボタンをクリックします。 OK をクリックして、コンテンツ ブラウザで、新規のナイアガラシステムを作成します。
    NiagaraSystem_EmptySystem.png

  8. 新規のナイアガラシステムに GPU と名前を付けます。 
    NiagaraSystem_GPUIcon.png

  9. GPU ナイアガラシステム をダブルクリックして開きます。開いたら、コンテンツ ブラウザから FX_GPU ナイアガラエミッタを タイムライン にドラッグします。
    CreateGPUParticle_Steps_Step10-AddEmitterToSystem.png

  10. [Compile] ボタンと [Save] ボタンをクリックし、コンパイルと保存をしてから、GPU ナイアガラシステムを閉じます。コンテンツ ブラウザGPU ナイアガラシステム をレベル ビューポートにドラッグします。完成すると以下の画像のような表示になります。
    CreateGPUParticle_Steps_Step11-AddSystemToLevel.png

最終結果

これで、CPU を使ったパーティクルエフェクトより大規模で複雑なパーティクルエフェクトを作成できました。以下のビデオをご覧ください。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信