GPU パーティクル エフェクトを作成する

このドキュメントでは、GPU を使用して数百万にもおよぶパーティクルをスポーンする方法を説明します。

Windows
MacOS
Linux
Prerequisite Topics

This page assumes you have prior knowledge of the following topics. Please read them before proceeding.

On this page

エフェクトによっては、数万にもおよぶパーティクルのスポーンが必要になるものがあります。このような多数のパーティクルを標準的な CPU で生成する場合、ゲームに遅延が生じることがあります。以下では、CPU ではなく GPU を使用してパーティクルをスポーンする方法を紹介します。

手順

  1. まず、コンテンツ ブラウザ 内を右クリックして [FX] > [Niagara Emitter] を選択し、ナイアガラ エミッタを作成します。[Niagara Emitter] ウィザードが開きます。

    クリックしてフルサイズ表示。

  2. [Create a new emitter from an emitter template (エミッタ テンプレートから新しいエミッタを作成)] ボタンをクリックします。「Fountain」 テンプレートを選択して、[OK] をクリックし、コンテンツ ブラウザ内に新しいナイアガラ エミッタを作成します。

    クリックしてフルサイズ表示。

  3. 新しいナイアガラ エミッタに「FX_GPU」と名前を付け、ダブルクリックして開きます。

    ![](CreateGPU_Steps_Step2-CreateEmitter.png)(w:100)

  4. [System Overview][Emitter Properties] をクリックして [Selection (選択)] パネルで開きます。

    クリックしてフルサイズ表示。

  5. [Sim Target (ターゲットのシミュレーション)] の横にあるドロップダウンをクリックして、[GPUCompute Sim] オプションを選択します。

    クリックしてフルサイズ表示。

    これにより、パーティクルのシミュレーションが CPU から GPU に変更されます。こうすることで、パフォーマンスを維持しながらエンジンでより多くのパーティクルをスポーンできるようになります。

  6. [System Overview][Emitter Update] をクリックして [Selection (選択)] パネルで開きます。

    クリックしてフルサイズ表示。

  7. Spawn Rate モジュールを展開します。[Spawn Rate] の値を「10,000」に設定します。

    クリックしてフルサイズ表示。

  8. [System Overview][Particle Spawn] をクリックして [Selection (選択)] パネルで開きます。

    クリックしてフルサイズ表示。

  9. Initialize Particle モジュールを展開して、[Point Attributes (ポイント属性)][Lifetime (存続期間)] の [Minimum (最小値)] と [Maximum (最大値)] をそれぞれ「5.0」 に設定します。Minimum (最小値)][Maximum (最大値)] を「5.0」に設定します。

    クリックしてフルサイズ表示。

  10. [Mass] を確認し、Minimum (最小値)][Maximum (最大値)] を以下の値に設定します。

    クリックしてフルサイズ表示。

    プロパティ

    Minimum

    1.0

    Maximum

    2.0

  11. [Sprite Attributes (スプライト属性)] セクションの [Sprite Size (スプライト サイズ)][X] を「5.0」に、[Y] を「5.0」 にします。[Sprite Rotation (スプライトの回転)] チェックボックスがオフになっていることを確認してください。

    クリックしてフルサイズ表示。

  12. [Add Velocity (ベロシティの追加)] モジュールを展開します。[Velocity (ベロシティ)]Minimum (最小値)][Maximum (最大値)] を以下の値に設定します。

    クリックしてフルサイズ表示。

    プロパティ

    Minimum

    X:10.0, Y:10.0, Z:400

    Maximum

    X:50.0, Y:50.0, Z:800.0

  13. [Sphere Location (球体の場所)] モジュールを展開します。[Sphere Radius (球体の半径)] の値を 「100」 に設定します。

    クリックしてフルサイズ表示。

  14. [System Overview][Particle Update] をクリックして [Selection (選択)] パネルで開きます。

    クリックしてフルサイズ表示。

  15. [Gravity Force (重力)] を展開します。[Gravity][X:0]、[Y:0]、[Z:500] に設定します。

    クリックしてフルサイズ表示。

    [Z] に負の値を設定すると、メッシュ パーティクルはやや上昇した後に落下します。[Z] に正の値を設定すると、メッシュ パーティクルは落下せずに上昇します。

  16. [Compile (コンパイル)]、[Apply (適用)]、[Save (保存)] の各ボタンをクリックして、作業内容をコンパイルして保存します。保存したら FX_GPU エミッタを閉じます。

    クリックしてフルサイズ表示。

  17. コンテンツ ブラウザ 内で右クリックして、コンテキスト メニューの [FX] > [Niagara System] を選択します。[Niagara System] ウィザードが開きます。

    クリックしてフルサイズ表示。

  18. [Create an empty system with no emitters (エミッタを含まない空のシステムを作成)] の横にあるラジオ ボタンをクリックします。[OK] をクリックして、コンテンツ ブラウザ内に新しいナイアガラ システムを作成します。

    クリックしてフルサイズ表示。

  19. 作成したナイアガラ システムに 「GPU」 と名前を付けます。 

    ![](NiagaraSystem_GPUIcon.png)(w:100)

  20. GPU Niagara System をダブルクリックして開き、コンテンツ ブラウザから FX_GPU ナイアガラ エミッタをシステムの [Timeline (タイムライン)] にドラッグします。

    クリックしてフルサイズ表示。

    上記の手順 17 から 20 を行う代わりに、コンテンツ ブラウザ内でエミッタを右クリックして [Create Niagara System (ナイアガラ システムの作成)] を選択することもできます。選択したエミッタに応じてシステムが作成され、これに名前を付けて開くことができます。

  21. [Compile] および [Save] ボタンをクリックして作業内容をコンパイル、保存したら、GPU Niagara System を閉じます。コンテンツ ブラウザ 内で、GPU Niagara System をレベル ビューポートにドラッグします。この手順を完了すると、次の画像のような画面が表示されます。

    クリックしてフルサイズ表示。

最終結果

上記のすべての手順を完了すると、リソースの使用量はより少ないながらも、より大きく複雑なパーティクル エフェクトが完成します。次のビデオにはその例が示されています。

Tags
Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback