ナイアガラでのスプライトパーティクルエフェクトの作成

ナイアガラを使ってスプライトパーティクルの視覚効果を作る方法を説明します。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

前提トピックス

このページでは以下のトピックについての知識があることを前提としています。以下のページをあらかじめ確認することをおすすめします。

使用頻度が高い視覚効果テクニックとして、 スプライト という 2D カメラに正対する平面にテクスチャとマテリアルをレンダリングするというものがあります。この操作ガイドでは、ナイアガラエミッタがスプライトを使用するように設定する方法を説明します。ナイアガラエミッタを含むナイアガラシステムをレベルに配置すると、レベル内でエフェクトが表示されます。

Sprite_Banner_01.png

事前準備

この操作ガイドでは、 スターター コンテンツ にある M_smoke_subUV マテリアルを使用します。まだ行っていない場合は、このマテリアルまたはスターター コンテンツをプロジェクトに追加するようにします。

ステップ

  1. まず コンテンツ ブラウザ を 右クリックして、コンテキスト メニューから [FX > Niagara Emitter] を選択して ナイアガラエミッタ を作成します。ナイアガラ システム ウィザードが表示されます。
    SE_01.png

  2. [Create a new emitter from an emitter template] の横にあるラジオボタンをクリックします。Select a Template Emitter から Fountain テンプレートを選択します。 OK をクリックして、コンテンツ ブラウザで、新規のエミッタを作成します。
    NiagaraEmitter_FountainTemplate.png

  3. 新規作成したナイアガラエミッタに FX_Smoke という名前を付けて、その上でダブルクリックして開きます。 
    SE_02.png

  4. ナイアガラエディタを開いた状態で、[Selected Emitter] パネルに進み、[Render] セクションを探します。

  5. Sprite Rendering セクションを展開し、以下のプロパティに以下の値を設定します。

    ![](CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step4-SpriteRender.png)(w:400)

    プロパティ

    Material

    M_smoke_subUV

    Sub Image Size

    X:8.0, Y:8.0

    Sub UV Blending Enabled

    Checked

  6. Render セクションを折りたたみ、 Emitter Update セクションを見つけて展開します。 Spawn Rate モジュールを見つけます。

  7. Spawn Rate モジュールで Spawn Rate の値に 50 を設定します。

    ![](CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step6-EmitterUpdate.png)(w:400)

  8. Emitter Update セクションを折りたたみ、 Particle Spawn セクションを見つけて展開します。Add Velocity セクションを展開します。

  9. MinimumMaximum velocity に以下の値を設定します。

    ![](CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step8-AddVelocityMinMax.png)

    プロパティ

    Minimum

    X:0.0, Y:0.0, Z:50.0

    Maximum

    X:0.0, Y:0.0, Z:200.0

  10. Sphere Location セクションを展開します。Sphere Radius64.0 に変更します。モジュール下部の白い矢印をクリックして展開し、 Surface Only ボックスがチェックされていることを確認します。

    ![](CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step10-SphereRadius.png "CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step10-SphereRadius.png")

  11. Set Variables セクションを見つけて展開します。Particles.Lifetime 変数を展開し、MinimumMaximum フィールドを表示します。

  12. MinimumMaximum フィールドに以下の値を設定します。

    ![](CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step13-ParticlesLifetimeMinMax.png)

    プロパティ

    Minimum

    2.0

    Maximum

    3.0

  13. Particles.SpriteSize 変数を展開し、MinimumMaximum フィールドを表示します。

  14. MinimumMaximum フィールドに以下の値を設定します。

    ![](CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step15-ParticlesSpriteSizeMinMax.png)

    プロパティ

    Minimum

    X:200.0, Y:200.0

    Maximum

    X:700.0, Y:700.0

  15. Particle Spawn セクションを折りたたみ、 Particle Update セクションを見つけて展開します。

  16. Acceleration Force セクションを展開します。Acceleration Z 値を 500 に変更します。

    ![](CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step17_AccelerationForce.png)

    パーティクルが上に流れてから落ちる(噴水のように)状態の場合は、 Z の値が負ではなく の値であるか確認してください。正の値は上に、負の値は下に行きます。

  17. Particle Update の横にある プラス (+) アイコンをクリックしてオプションを表示します。 Set Specific Parameters > Particles.SubImageIndex を選択します。これで Particles.SubImageIndex に Set Variables セクションが追加されます。

  18. Particles.SubImageIndex 変数で、 Particle.SubImageIndex の横にある白三角をクリックしてオプションを再び表示します。 Dynamic Inputs > Float From Curve を選択します。

    ![](CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step19-ParticlesSubImageIndexFloatCurve.png)

  19. Curve インプットウィンドウで、カーブの左側にある最初のキーをクリックします。このキーで、 TimeValue0.0 に設定します。
    CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step21-FloatCurveFirstKey2.png

  20. 次にカーブの右側の 2 つめのキーを選び、Time を 1.0 に、Value を 0.64 に設定します。
    CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step21-FloatCurveSecondKey.png

  21. Particles.SubImageIndex 変数で、 CurveIndex の横にある白三角をクリックしてオプションを再び表示します。 Link Inputs > Particle Attributes > Normalized Age を選択します。

    ![](CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step21-CurveIndexNormalizedAge.png)

  22. 次に [Compile][Apply]、および [Save] の各ボタンをクリックして、変更を適用し、保存してから FX_Smoke エミッタを閉じます。
    SE_15.png

  23. コンテンツ ブラウザ を 右クリックして、コンテキスト メニューから [FX > Niagara System] を選択します。ナイアガラ システム ウィザードが表示されます。
    SE_16.png

  24. [Create an empty system with no emitters] の横にあるラジオボタンをクリックします。[Ok] をクリックします。
    NiagaraSystem_EmptySystem.png

  25. 新規のナイアガラシステムに Smoke と名前を付けます。
    NiagaraSystem_NewSmokeSystem.png

  26. この Smoke ナイアガラシステムをダブルクリックして開きます。開いたら、コンテンツ ブラウザから FX_Smoke エミッタを タイムライン までドラッグします。
    SE_17.png

  27. [Compile] ボタンと [Save] ボタンをクリックし、変更の適用と保存をしてから、Smokeナイアガラシステム を閉じます。 28.コンテンツ ブラウザ で Smoke ナイアガラシステムをレベル ビューポートにドラッグします。

最終結果

このガイドのステップを完了すると、以下の動画のようになります。ナイアガラシステムがレベルに配置され、ナイアガラエミッタが再生されます。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信