1. Foliage Type アクタを作成する

必要なアクタの作成と追加

Windows
MacOS
Linux

情報を 1 ページに統合したので、Docs となりました。

このステップでは、Procedural Foliage ツールが必要とするレベル、ランドスケープ テレイン、すべてのアクタを新規作成します。

  1. Default Template をベースに使ってレベルを作成します。

    T_New_Level.png

  2. まず [Landscape Tool] アイコンをクリックして Landscape アクタを追加し、次に [Create (作成)] ボタンを押してその Landscape アクタをレベルに追加します。

    T_Create_Landscape.gif

    ランドスケープ テレインを使った作業に慣れていない、もしくは詳しく知りたい場合は、ランドスケープの屋外テレイン を参照してください。

  3. [Modes] パネル[Place] アイコンをクリックして Landscape ツールを終了します。

    T_Exit_Landscape_Mode.png

    Landscape Terrain アクタを使用すると、多数のスタティックメッシュをスポーンする広い領域がすぐに与えられます。

  4. コンテンツ ブラウザ右クリック し、[Miscellaneous (その他)] > [Procedural Foliage Spawner] セクションを展開して [Procedural Foliage Spawner] をクリックします。

    T_Create_PFS.png

  5. このサンプルでは、Procedural Foliage Spawner に 「PFS_Example」 という名前を付けます。

    T_Name_PFS.png

  6. Procedural Foliage Spawner を コンテンツ ブラウザ からレベルにドラッグし、レベルの中央もしくは X、Y、Z が 0,0,200 になるように配置します。

    T_Add_PFS_To_Level.gif

  7. 森をスポーンする十分な広さがないので、X、Y、Z 軸が 100,100,10 になるように Procedural Foliage Spawner をスケールします。

  8. スポーナーができたので、スポーンするためにフォリッジのタイプを決める必要があります。コンテンツ ブラウザ右クリック し、[Miscellaneous (その他)] > [Procedural Foliage Spawner] セクションを展開して [Foliage Type] をクリックします。Foliage Type に 「Tree_00」 などの名前を付けます。

    T_Create_FT.png

  9. この時点では、以下のようになります。そうならなかった場合は、[Save All (すべて保存)] ボタンでコンテンツを、[Save (保存)] ボタンでレベルと保存して、作業とレベルを保存してください。 レベル名を求められたら、PFT_00 としてください。

    T_Save_All.png

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback