6.応用編

Procedural Foliage ツールを使った次のステップです。

Windows
MacOS
Linux

Procedural Foliage ツールに備わったパワーがお分かりになったと思います。 それでは、ここまで学習してきた内容に沿って、次のツールでそれぞれのイメージに合わせたレベルを作成してみましょう。

T_On_Your_Own.png

  • Grass ツール で、ランドスケープが草と花を茂みに深く覆われているように見せます。

  • Landscape Sculpt ツールで、丘、山、湖などを追加し、ランドスケープ テレインの外見と質感を定義します。

  • ランドスケープ上にペイント可能な複数のテクスチャのある ランドスケープ マテリアル を作成し、ランドスケープのサーフェスのビジュアルをさらに多彩で詳細にします。

  • 指向性ライト を調節して、レベル ライティングを早朝や夕方に生じる光源のように見せます。

  • ダイナミック シャドウだけでなく レイトレース ディスタンス フィールド シャドウ も利用する完全に動的ベースなライティング ソリューションを利用するように、レベル ライティングを設定します。

  • Foliage System ツールで、Procedural Foliage ツールで配置されたフォリッジ メッシュの位置、回転、スケールを削除または微調整して、望み通りの外見になるようにします。

  • レベルの動画を世界に発信するために マチネカメラ を一緒に使って、完成したレベルを動画で世界にお披露目しましょう。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信