Procedural Foliage ツールのクイックスタート

Procedural Foliage ツールの設定および使用方法

Windows
MacOS
Linux
このページ中

このクイックスタート チュートリアルでは、アンリアル エンジン 4 (UE4) のリリース 4.8 で利用可能となった Procedural Foliage ツール を説明します。 このチュートリアルでは、Procedural Foliage ツールのみを使って UE4 内に森ひとつ分の木を作成、設定、スポーンします。 仮想の森がプロジェクトのニーズを満たすために必要な主要プロパティと設定も紹介します。

T_PF_QS_Final_Product.png

正確に機能し、求めている結果を出すために、Procedural Foliage ツールに必要なアクタとプロパティはすべて公開されます。 このクイックスタートを完了すると、上のようなレベルが出来あがります。

前提条件

プロジェクトで Procedural Foliage ツールを使う前に、以下の手順でプロジェクトの [Procedural Foliage] を有効にしなければなりません。

  1. メイン ツールバー[Edit] オプションをクリックし、次に [Editor Preferences (エディタの環境設定)] をクリックします。

  2. Editor Preferences の [Experimental] セクションを 右クリック します。

  3. Experimental セクションの「Procedural Foliage」の文字の横にあるチェックマーク ボックスをクリックして、[Procedural Foliage] オプションを有効にします。

コレクションのコンテンツの中には以下のクイックスタートで使うものもあるので、Unreal Engine Marketplace から Open World Demo Collection コンテンツ パックもダウンロードしてください。 Open World Demo Collection をダウンロードしたら、このクイックスタートで使用するプロジェクトに追加してください。

  1. Epic Games ランチャーでマーケットプレイスでを探し Open World Demo Collection をダウンロードします。

    T_OWT_OWDC.png

  2. ランチャーの [Library] セクションの [Vault] セクションで Open World Demo Collection を見つけてください。

    T_OWT_Add_Content_00.png

  3. [Add to Project (プロジェクトを追加)] ボタンをクリックします。

    T_OWT_Add_To_Project.png

  4. このクイックスタートで使用するプロジェクトが表示されるので、このクイックスタートで使用するプロジェクトを選択して、[Add to Project (プロジェクトへ追加)] を押してコンテンツを追加します。

    T_OWT_ATP.png

ステップ

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信