Paper 2D のインポートオプション

サードパーティ アプリケーションから Paper 2D で使用するアセットをインポートする方法

Windows
MacOS
Linux

アンリアル エンジンに搭載されている Paper 2D は、ユーザーが外部で作成したコンテンツ向けにさまざまなインポートオプションをサポートしています。一般的に使われているコンテンツ作成アプリケーションからのアセットのインポート方法を紹介していきます。

TexturePacker からコンテンツをインポートする方法

コンテンツ作成にサードパーティ スプライトシート生成ツール Texture Packer を使用する場合は、内蔵プラグインで .paper2dsprites ファイルを作成してコンテンツをアンリアル エンジン 4 へ簡単にインポートすることができます。このファイルは、UE4 へのインポート時にスプライトシートをテクスチャとして自動的にインポートしたり、スプライトの抽出作成をする他に、スプライトから フリップブック の自動生成に使用できる Sprite アセット も作成します。

ワークフローの例

  1. Texture Packer[UnrealEngine - Paper2d] フレームワーク オプションを選択します。

    NewProjectTP.png

  2. スプライトシートに含めるアセットを追加します。

    Assets_Added.png

  3. [Layout (レイアウト)] セクションで [Size Constraints (コンストレインのサイズ)][POT (Power of 2)] に設定します。

  4. [Sprites (スプライト)] セクションで、[Border Padding][Shape Padding]0 に設定します。

    ExportSettings.png

    こうすると、スプライト間のスペースが削除されるので、スプライトのタイル処理や Flipbook アニメーションの作成が簡単になります。

  5. 「.paper2dsprites」 ファイルをプロジェクトの コンテンツブラウザ にドラッグしてインポートします。

    DragAndDrop.png

    「 .png 」ファイルはすでに「.paper2dsprites 」ファイルに含まれているため、このファイルをインポートする必要はありません。

  6. Sprite Sheet アセットと Frames (抽出したスプライト) と Textures (ユーザーのスプライト シート) 2 つのフォルダを作成します。

    ContentAdded.png

あとは 右クリック を使って作業をします。

  • Sprite Sheet アセットを右クリックして、スプライトの Flipbooks を自動生成。

  • インポートしたテクスチャを右クリックして、設定項目の調整、レトロスプライトの設定、またはこれに基づく Tile Set を作成。

  • 個別にフレームを右クリックして、これを Flipbook へ手動で追加。

Tiled / Adobe Flash CS6 からインポートする方法

TiledAdobe Flash CS6 などの外部コンテント生成ツールを使用してコンテントをビルドしている場合は、これまでの作業内容を 「.json」 ファイルフォーマットでアンリアルエンジン 4 へインポートすることができます。マップの作成に使用したスプライトシートを自動的にインポートして、これらのアセットに基づく Tile SetsTile Map を作成します。

Tiled のワークフロー例

  1. Tiled で [File/Save As (名前をつけてファイル/保存)] オプションを選んで [Save as type (タイプとして保存)] オプションに 「.json」 を選択します。

    フルサイズ表示にはここをクリック

  2. .json アセットをプロジェクトの コンテンツブラウザ へドラッグ&ドロップします。

    JSONImport.png

  3. ユーザーのスプライトシート テクスチャをインポートして、これらのテクスチャから Tile SetsTile Map を作成します。

    JSONAssets.png

    作成した Tile Map を開くと外部で作成したマップで、アンリアル エンジン 4 内部で修正可能なものが表示されます。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback