RenderDoc

UE4 プロジェクトで RenderDoc を設定、使用する方法について説明します。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

RenderDoc はオープンソースのスタンドアローン型グラフィックス デバッガーです。GPU 上で実行される単一のフレームを簡単にキャプチャし、調べることができます。RenderDoc は、Windows 7 ~ 10、Linux、Android で、Vulkan、D3D11、OpenGL、OpenGL ES、または D3D12 を使用するすべてのアプリケーションに対応しています。このドキュメントでは、RenderDoc を設定、使用して Unreal Engine 4 (UE4) プロジェクトをプロファイリングする方法について説明します。

ステップ

RenderDoc を設定、使用して UE4 プロジェクトのレンダリングのパフォーマンスをプロファイリングする方法を以下で説明します。

最良の結果を得るには、クックされたバージョンの UE4 プロジェクトで RenderDoc を使用する必要があります。UE4 プロジェクトのクック方法が分からない場合は、UE4 パッケージングとクックドキュメント で手順を確認してください。

  1. まず、次のリンクから RenderDoc のスタンドアローン プログラムをダウンロードします。

  2. RenderDoc のダウンロードが完了したら、開発用 PC に RenderDoc をインストールします。
    RenderDoc_1.png

  3. RenderDoc のインストールが完了したら、 「qrenderdoc.exe」 を探し、ダブルクリックして起動します。

    クリックしてフルサイズで表示

  4. RenderDoc プログラムが開いたら、メイン ツールバーから [Tools] - [Settings] の順に選択します。
    RenderDoc_2_1.png

  5. デフォルトでは、キャプチャの際に RenderDoc で一時的なキャプチャ ファイルのみが作成されます。今後の使用に備えてキャプチャ ファイルを保存するには、 [Directory for temporary capture files][Default save directory for captures] に PC 上のディレクトリを設定します。
    RenderDoc_2_2.png

  6. 次に、メイン ツールバーから [File] - [Launch Application] の順に選択します。
    RenderDoc_launchapplication.png

  7. [Executable Path] の横にある [...] をクリックし、プロファイリングする .EXE ファイルを指定します。
    RenderDoc_4.png

    クリックしてフルサイズで表示

  8. [Capture Options][Capture Child Processes] が有効になっていることを確認します。この設定が有効になっていないとプロジェクトにアタッチできません。

    クリックしてフルサイズで表示

  9. 次に、[Actions] セクションに移動し、[Launch] ボタンを押します。[Executable Path] に入力されたプロジェクトが起動します。

    クリックしてフルサイズで表示

    プロジェクトのサイズによっては起動するまでに数分待つ必要がある場合があります。

  10. プロジェクトが起動したら、RenderDoc によって生成されたテキストが画面左上隅にオーバーレイ表示されます。

    クリックしてフルサイズで表示

  11. プロジェクトのウィンドウがアクティブになっていることを確認し、 F12 を押してキャプチャを開始します。F12 を押すたびに新しくキャプチャが実行されます。必要なキャプチャをすべて取得したら、通常の操作と同じようにプロジェクトを閉じます。

  12. RenderDoc のメイン メニューから [File] - [Open Capture] の順に選択します。表示されたウィンドウで、表示するキャプチャを選択し、[Open] ボタンを押してキャプチャを開きます。
    RenderDoc_8.png

    RenderDoc のキャプチャを保存するディレクトリを設定していない場合は、次の場所にキャプチャがあります。 C:\Users\YourUserAccount\AppData\Local\Temp\RenderDoc

  13. 次に、[Texture Viewer] をクリックし、 [Timeline][Read/Write] イベントをクリックすることで、フレームがどのように構築されたかを確認できます。

    クリックしてフルサイズで表示

最終結果

これで RenderDoc のキャプチャがロードされました。次の動画のように、 [Timeline] でさまざまな [Read/Write] イベントをクリックして、画面がどのように構築されたかを確認できます。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信