RenderDoc

RenderDoc はオープンソースのスタンドアローン型グラフィックス デバッガーです。GPU 上で実行される単一のフレームを簡単にキャプチャし、調べることができます。

Windows
MacOS
Linux

RenderDoc はオープンソースのスタンドアローン型グラフィックス デバッガーです。Unreal Engine (UE4) などのアプリケーションの単一のフレームを簡単にキャプチャし、調べることができます。キャプチャしたデータは RenderDoc に取り込まれ、イベント、API などを用いて GPU で起こっていることを詳細に調査します。

RenderDoc をインストールする

RenderDoc は無料オープンソースのスタンドアローン型グラフィックス デバッガーです。RenderDoc.org からダウンロードしインストールすることができます。

以下は RenderDoc が現在サポートしているオペレーション システムと PAI のリストなので、UE4 のサポート対象と異なる場合があります。最新の情報は RenderDoc's FAQ を参照してください。

サポートされるオペレーティング システム

Windows 7 と Windows 10

Linux

Android

Google Stadia

Nintendo Switch

サポートされている API

Vulkan

D3D11

D3D12

Open GL3.2+

Open GL ES 2.0 - 3.2

RenderDoc プラグインを有効にする

Unreal Engine プロジェクトで RenderDoc を使用するために RenderDoc プラグインを有効にする必要はありません。スタンドアローン型の RenderDoc は UE4 実行ファイルで動作します。RenderDoc Documentation に記載されている設定ガイドに従います。

Unreal Engine 4 はエディタ内で次のフレームのキャプチャを容易に実行し、自動的に RenderDoc で開くプラグインを提供します。プラグインを有効にするには以下の手順に従います。

  1. メイン メニューから [Edit (編集)] > [Plugins (プラグイン)] を選択してプラグイン ブラウザを開きます。

  2. [Rendering] カテゴリの RenderDoc Plugin を探し、[Plugins] ブラウザ ウィンドウの上部にある検索バーを使用します。

    EnablingRenderDoc_1.png

  3. [Enabled (有効にする)] の横にあるボックスにチェックを入れて、プロンプトが出たらエディタを再起動します。

エディタを再起動すると、レベル ビューポートの右上に新しく UI ボタンが表示されます。このボタンを使ってキャプチャを実行できます。

EnablingRenderDoc_2.png

フレーム キャプチャを実行する

以下の手順は、ご使用の UE4 プロジェクトで統合された RenderDoc プラグインを使って、または直接 RenderDoc アプリケーションで単一フレームのキャプチャを実行する方法の概要です。

機能の詳細および RenderDoc の使用方法は、RenderDoc Documentation を参照してください。

RenderDoc プラグイン

UE4 の RenderDoc プラグインを使ってフレームをキャプチャするには、以下の手順に従います。

  1. プロジェクト用に適切な RenderDoc プラグインを有効にします。

  2. キャプチャを実行するプロジェクトとシーンを開きます。

  3. レベル ビューポートで [RenderDoc Capture] ボタンをクリックします。

    クリックしてフルサイズ表示

RenderDoc アプリケーション

スタンドアローン型 RenderDoc 実行ファイルで UE4 を使ってフレームをキャプチャするための手順の概要です。

  1. ゲームを起動するように RenderDoc を設定します (例えば、正しいコマンドライン引数を使った UE4Editor.exe などで)。

    [Capture Child Processes (子プロセスをキャプチャする)] when launching with the UE4Editor.exe で起動する時に Capture Child Processes を有効にします。

  2. 実行ファイルを起動します。

  3. F12 ホットキーを押して、フレーム キャプチャを実行します。

RenderDoc の設定、アプリケーションの起動、フレーム キャプチャの実行の詳細については、RenderDoc Getting Started Guide を参照してください。

プロジェクト設定

[Project Settings (プロジェクト設定)] ウィンドウから追加の RenderDoc プラグイン設定を行います。メイン メニューから [Edit (編集)] > [Project Settings (プロジェクト設定)] を選択し、Plugins カテゴリで RenderDoc を選択します。

RenderDoc_ProjectSettings.png

プロパティ

説明

フレーム キャプチャ設定

Capture all activity

有効にすると、RenderDoc は現在のビューポートのみではなく、フレーム全体に対してすべてのビューポートとエディタ ウィンドウにあるすべてのアクティビティをキャプチャします。.

Capture all call stacks

有効にすると、RenderDoc はすべての API コールに対するコール スタックをキャプチャします。

Reference all resources

有効にすると、RenderDoc はレンダリングされたすべてのリソースをキャプチャ内に含みます (フレーム中に使用されなかった場合でも)。

このプロパティを有効いすると、キャプチャ サイズが大幅に増加します。

Save all initial states

有効にすると、RenderDoc はレンダリングされたすべてのリソースの初期ステートを常にキャプチャします (フレーム中に使用されてないであろう場合も)。

このプロパティを有効にすると、キャプチャ サイズが大幅に増加します。

詳細設定

Show help on startup

有効にすると、RenderDoc をによるヘルプ ウィンドウがエディタの起動時に表示されます。

Use the RenderDoc crash handler

有効にすると、クラッシュが発生した場合に RenderDoc クラッシュ ハンドラが使用されます。

問題の原因が RenderDoc アプリケーションであることが分かり、RenderDoc デベロッパーに通知したい場合に使用します。

RenderDoc executable path

RenderDoc 実行ファイルを使用するようにパスを設定します。

RenderDoc のインストール時にパスが正しければ、自動的に入力されます。

追記およびリソース

  • RenderDoc Documentation for further reading on RenderDoc の使用方法およびフレーム キャプチャの分析については RenderDoc Documentation を参照してください。

  • RenderDoc プラグインは UE4 向けに Fredrik Lindh ("Temaran") が設計開発を行いました。詳細は、RenderDoc GitHub respository を参照してください。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信