物理アセットの物理ボディの編集

物理アセットの物理ボディの編集手順を説明します。

Windows
MacOS
Linux

Physics Asset ツール物理ボディ に関連した一般的な手順とステップの数々を説明します。

物理ボディの編集

  1. [Body Editing モード] icon_PHatMode_Body_40x.png を 有効 にします。

  2. ビューポートまたは [Hierarchy (階層)] ペイン で物理ボディを選択します。

    • 対象の物理ボディが表示されない場合は、[Viewport (ビューポート)] > [Modes] > [MeshRender Mode] > [Wireframe/None] の順に選択して、 スケルタル メッシュの可視性を調節します。

  3. 平行移動、回転、スケールツールを使って物理ボディを 移動、回転、スケール して、スケルタル メッシュおよびスケルタル ジョイントに合わせます。

  4. [Details (詳細)] ペインで 物理ボディのプロパティを編集します。

  5. Collision On ツールと Collision Off ツールを使って、現在選択されている物理ボディと物理アセット内の他のボディとのコリジョンを、有効 あるいは 無効 にします。選択中の物理ボディとの衝突が可能な物理ボディは青、 そうでない物理ボディはグレイになります。

  6. ねじれたジョイントで手首が形成される等、ひと続きのボディが 1 つの動作をする場合、望ましくない物理シミュレーション ビヘイビアにならないように Weld (結合) ツールを使用します。結合された物理ボディは 黄色になります。

  7. こまめに保存 icon_SaveAsset_40x.png してください。

物理アセット ツールのプロパティに関する情報は、物理マテリアルのリファレンス を参照してください。

物理ボディのコピー

いずれかのモードの場合、ある物理ボディまたはコンストレイントのプロパティを別の物理ボディまたはコンストレイントへコピーすることができます。

  1. データをコピーしたい物理ボディを 選択 します。

  2. Ctrl + C を押します。

  3. データを適用したい物理ボディを 選択 します。

  4. Ctrl + V を押します。

この操作は物理ボディの形状をオーバーライトしません。

物理ボディの削除

  1. [Body Editing モード] icon_PHatMode_Body_40x.png有効 にします。

  2. 削除したい物理ボディを 選択 します。

    • 探している物理ボディが見えにくい場合は、 ビューポート > [Modes] > [MeshRender Mode] > [Wireframe/None] の順に選択してスケルタル メッシュの可視性を調節します。

  3. [Delete (削除)] キーを押します。

    PhAT_DelBone.png

物理マテリアル

物理アセットの物理ボディには、それぞれ物理マテリアルを割り当てることができます。物理マテリアルを単一の物理ボディに適用するには、以下の操作を行います。

  1. [Body Editing モード] icon_PHatMode_Body_40x.png有効 にします。

  2. ビューポートまたは [Hierarchy (階層)] ペイン で物理ボディを 選択 します。

    • 対象の物理ボディが見えにくい場合は、 ビューポート > [Modes] > [MeshRender Mode] > [Wireframe/None] の順に選択して スケルタル メッシュの可視性を調節します。

  3. [Details (詳細)] ペインで Simple Collision Physical Material プロパティを見つけて物理マテリアルを割り当てます。

PhysMat_PhAT_04.png

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信