NVIDIA Ansel コンソール変数のリファレンス

NVIDIA Ansel Photography プラグインで利用できるコンフィギュレーション変数のリファレンス

Windows
MacOS
Linux

以下のコンソール変数を使って NVIDIA Ansel Photography プラグインのビヘイビアを設定可能であり、コンソールから手動で設定、.ini ファイルを使う、またはブループリントを使って動的に設定できます。コンソール変数のほとんどはランタイムではなく開発中に設定します。ただし、r.Photography.Allow は動的に設定すると便利です。

変数

デフォルト

説明

r.Photography.Available

1

(リードオンリー) 1 の場合、ユーザーは撮影システムを利用することができます。そうでない場合は、バックエンドは機能しません。これはプラグインが有効な場合に 1 に設定されます。

r.Photography.Allow

1

1 の場合、プレイヤーは撮影セッションを開始することができます。これを動的に設定して写真をレベルごと、カットシーン毎などに動的に許可または禁止します。

r.Photography.EnableMultipart

1

1 の場合、撮影システムは高解像度ショットを撮影することができます。こうしたショットはタイル単位でレンダリングし、後でつなぎ合わせる必要があります。

r.Photography.SettleFrames

10

撮影前にレンダリングを終わらせるためのフレーム数。Temporal AA / スムージングをうまく機能させるのに役立ちます。テンポラル エフェクトを何も使わない場合でも、キャプチャーを高速化するために低くすることができます。

r.Photography.TranslationSpeed

100.0

ローミングする撮影カメラを移動させる通常速度 (アンリアル単位 / 秒)。

r.Photography.AutoPostprocess

1

1 の場合、撮影システムは撮影セッション / キャプチャ中に、撮影結果を劣化させるといわれる HUD、字幕、一部の標準ポストプロセス エフェクトを自動的に無効にしようとします。PlayerCameraManager Blueprint コールバックから、すべてのポストプロセスの微調整を管理するには、 0 に設定します。

AutoPostprocess 値に関係なくブループリントのコールバックが呼び出されます。

r.Photography.AutoPause

1

1 の場合、撮影システムは撮影モードの間レベルを確実に一時停止させようとします。PlayerCameraManager Blueprint コールバックから、手動で一時停止、一時停止解除するには、 0 に設定します。

AutoPause 値に関係なくブループリントのコールバックが呼び出されます。

タグ

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信