プロキシ ジオメトリの画面サイズを調整する

Unreal Engine 4 向け製品ドキュメント (リファレンスおよびガイドを含む)

Windows
MacOS
Linux
On this page

以下の操作ガイドでは、(単純化する前に) Spatial Sampling Distance オーバーライド パラメータを使用して、すべてのオブジェクトを再メッシュ化するときにシステムが取得する特徴の最小サイズを手動で調整する方法について説明します。 

ステップ

  1. まず、Unreal Engine 4 (UE4) レベルで使用するスタティック メッシュを選択します。
    Proxy_Geo_HT_OSS_02.png

  2. スタティック メッシュを選択したまま、 [Window (ウィンドウ)]>[Developer Tools (デベロッパーツール)] に移動して [Merge Actors (アクタをマージ)] ツールを開きます。  次に、表示されたリストから [Merge Actors (アクタをマージ)] ツールを選択します。
    ProxyLOD_05.png

  3. [Merge Actors (アクタをマージ)] ツールが開いたら、2 番目**のアイコンをクリックして**プロキシ ジオメトリ ツールにアクセスします。 次に、[Proxy Settings][Material Settings] セクションを展開します。
    Proxy_Geo_HT_OSS_01.png

  4. [Override Spatial Sampling Distance] パラメータを見つけて、名前の横にあるボックスをクリックして有効にします。
    Proxy_Geo_HT_OSS_03.png

  5. [Override Spatial Sampling Distance] の値を 「100」に設定し、 [Merge Actors (アクタをマージ)] ボタンを押します。
    Proxy_Geo_HT_OSS_04.png

    デフォルトでは、システムはジオメトリのバウンディング ボックスと設定された [Screen Size] に基づいて、このサイズを推定します。 [Window (ウィンドウ)]>[Developer Tool]>[Output Log (アウトプットログ)] を見ると、システムに書き込まれた実際の値がわかります。 この値が大きいほど、単純化されません。 この値が小さいほど、より単純化されます。

  6. 新しく作成したスタティック メッシュの名前と場所を指定してから、[Save (保存)] ボタンを押して、プロキシ ジオメトリを作成します。
    Proxy_Geo_HT_OSS_05.png

最終結果

プロセスが完了すると、この操作ガイドの最初のステップで選択したすべてのスタティック メッシュに対して、新しいスタティック メッシュ、マテリアル、およびテクスチャが作成されます。 以下の画像は、作成されたスタティック メッシュに対して Override Spatial Sampling Distance を異なる値に設定した場合の効果を示しています。

Override Spatial Sampling Distance = 0.5 | Override Spatial Sampling Distance = 1 | Override Spatial Sampling Distance = 10 | Override Spatial Sampling Distance = 100

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback