5 - 応用編

サンプル シーンを使っていくつかの作業を試してみましょう。追加情報へのリンクも示します。

Windows
MacOS
Linux

カプセル シャドウイング用のシャドウ物理アセット サンプルを作成したので、以下の作業に挑戦してみましょう。

  • 異なるライティング角度、または日中、夕暮れ、夜のシナリオを使う。

  • 指向性ライトの Light Source Angle を調節して、キャラクターが周囲のシャドウとブレンドするように、直接光に照らされている領域のカプセル シャドウをソフトにする。

  • Capsule Indirect Shadows が有効の時、ライトソースに対比ライトで方向性を付けるために、入口と窓 (あるいは同等のもの) のある閉ざされた領域、または洞窟ような開口部を追加する。

  • キャラクターの [Details (詳細)] パネルの Capsule Indirect Shadow Min Visibility 設定を使って、ソフトシャドウの強度を背景で和らげる。

  • ウォール サーフェスに近づいたり、キャラクターが屈んだ時のシャドウ用に、カバーシステムなどを使って、キャラクターの腕にいくつかカプセル ボディを追加する。

コンテンツ クイック スタートガイドは、アンリアル エディタのマニュアル をご覧ください。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信