Light 関数

マテリアルをソースにしてライティングを投影する

Windows
MacOS
Linux

lighting_overview_banner_001.png

Light 関数 は、本質的に、ライトの強度をフィルタするために適用するマテリアルです。

しかし、Light 関数では、ライトの色の変更はできないことに留意してください。ライトの色を変更は Light Color 設定でのみ行えます。さらに、この機能は、Stationary (固定) および Movable light (可動ライト) などのライトマップされていないライトでのみ使用できるので、Static Light (静的ライト) は Light 関数を使用できません。

しかし、Light 関数では、ライトの色の変更はできないことに留意してください。ライトの色を変更は Light Color 設定でのみ行えます。

次の画像 (クリックしてフルサイズに拡大) では、 マテリアル は点滅エフェクトを生成しながら Panner ノードと ScalarParameter ノードを使ってテクスチャを移動します。

Light Function の作成

Light 関数はマテリアルのマテリアル ドメインが Light 関数の属性を使用するように設定して作成します。

MAT_LightFunction.png

Light 関数の適用

[Details (詳細)] パネルの [Light Function Material] 設定で Light Function を適用することができます。

AddLightFunction.png

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信