スクリーン スペース グローバル イルミネーション

スクリーン スペース エフェクトを使用したダイナミック グローバル イルミネーションの概要

Windows
MacOS
Linux

スクリーン スペース グローバル イルミネーション (SSGI: Screen Space Global Illumination) はスクリーン ビュー内のオブジェクトに動的な間接ライティングを追加することで、自然に見えるライティングの作成を目的にしている Unreal Engine の機能です。SSGI はまた、ネオン ライトやその他の明るいサーフェスなど、エミッシブ ライティングからの動的ライティングも追加できます。

SSGI は、事前計算された ライトマス からのライティングに対して補完的な間接ライティング イルミネーション方法として最もよく機能します。

SSGIを無効 ベイクされたライティングを使用

SSGIを有効 ベイクされたライティングを使用

SSGI を有効にする

SSGI[Project Settings (プロジェクト設定)] > [Engine] > [Rendering (レンダリング)][Lighting] カテゴリで有効にします。

SSGI_ProjectSettings.png

SSGI を使用する

SSGI を使用して作業するには、以下のプロパティとコンソール変数を使用します。

品質を制御する

SSGI では、以下のコマンドを使用して品質設定を行うことができます。

r.SSGI.Quality

品質は 1 から 4 までの値で設定できます。

スライダーをドラッグすると、SSGI の品質レベルが 1 から 4 に変化します。

  • 1 - Ray Steps: 8; Ray Count: 4

  • 2 - Ray Steps: 8; Ray Count: 8

  • 3 - Ray Steps: 8; Ray Count: 16

  • 4 - Ray Steps: 12; Ray Count: 32

追加のコンソール コマンド

SSGI を制御するには、以下のコマンドも使用できます。

  • HalfRes コマンドは SSGI を半分の解像度でレンダリングします。

    r.SSGI.HalfRes
  • Leak Free Project は前のフレームのシーン コントロールを使って、よりよい品質結果を生み出します。

    r.SSGI.MinimumLuminance

追記

  • 事前計算されたライティングなどの大きなオクルーダとフォールバック技術

    他のスペース エフェクトのように SSGI は、ライトマスから事前計算されたライティング など、その他の間接ライティング技術と併せて使用すると最も効果的です。スクリーンを部分的に遮蔽する大きなオブジェクトがある場合、SSGI をシーンに対する唯一の間接ライティング イルミネーションとして使用すると、より顕著になります。たとえば、明るいオブジェクトが配置されている大きなオクルーダの後ろに移動した時に、ベイクされたライティングを使用することでスクリーンスペースのアーティファクトが減少します。唯一の間接ライティング方法としてではなく、シーンで間接ライティング イルミネーションを改善する手段として SSGI を推奨しますが、

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信