Coordinates 表現式

テクスチャ座標上でアクションを実施したり、テクスチャ座標として使用したり、テクスチャ座標を変更する値を出力する表現式。

Windows
MacOS
Linux

ActorPositionWS

ActorPositionWS は、マテリアルが設定されたオブジェクトのワールド空間の位置を表す 3vector (RGB) データを出力します。

ActorPositionColors.png ActorPositionNetwork.png

この例で、ActorPositionWS がマテリアルの Base Color へ直接入力されている様子が理解できます。結果としてマテリアルが適用されたそれぞれの球は、3D 空間の位置を移動する際に異なった色を表現します。ActorPositionWS ノードの出力結果は、最良なカラーのブレンドを作成するために 1600 で分割されていることに注目してください。

CameraPositionWS

CameraWorldPosition 表現式は、ワールド空間のカメラ位置を表す 3 つのチャンネルのベクター値を出力します。

カメラが回転すると球のプレビュー表示は変化します。

CameraPositionWSExample.png CameraPositionWSNetwork.png

LightmapUVs

LightmapUVs 表現式は、2 チャンネルのベクター値形式でライトマップの UV テクスチャ座標を出力します。ライトマップ UV が利用不可能な場合、2 チャンネルのベクター値 (0、0) を出力します。

ObjectOrientation

ObjectOrientation 表現式は、オブジェクトのワールド空間の Up ベクターを出力します。言い換えると、オブジェクトのローカルの正の z 軸はこの方向を向いています。

ObjectOrientationExample.png

ObjectPositionWS

ObjectPositionWS 表現式は、オブジェクト範囲のワールド空間の中心位置を出力します。例えば、フォリッジに球状のライティングを作成する際に便利です。

WorldPositionWSScene.png WorldPositionNetwork.png

ObjectRadius

ObjectRadius は、アンリアル単位の任意のオブジェクトの半径と同等の値を出力します。スケーリングが考慮され、個々のオブジェクトに対して固有の結果となります。

ObjectRadiusExample.png

この例では、両メッシュは ObjectRadius が Diffuse に入力されたマテリアルを受け取ります。ObjectRadius 出力は、より意味のある視覚効果のために 512 で除算されています。

Panner

Panner 表現式はテクスチャのパニング、または移動に使用する UV テクスチャ座標を出力します。

アイテム

説明

プロパティ

SpeedX

U方向へ座標をパニングする速度を指定します。

SpeedY

V方向へ座標をパニングする速度を指定します。

入力値

Coordinate

ベース UV のテクスチャ座標を取り込むと、式を修正できます。

Time

現在のパニング位置を決定するために使用する値を取り込みます。通常は、Time 式によって一定のパニング効果が得られますが、Constant または ScalarParameter を使用して、特定のオフセットを設定したり、マチネまたはブループリントを通してパニングを制御することができます。

Panner は Time の入力値によって変化する UV を生成します。Coordinate 入力値は、Panner ノードによって生成された UV を操作 (例えばオフセット) する際に利用します。

PannerExample.png

ParticlePositionWS

ParticlePositionWS 表現式は、ワールド空間における各パーティクルの位置を表す Vector3 (RGB) データを出力します。

ParticlePositionWS.png

この画像では、 ParticlePositionWS はデータを可視化するためにエミッシブカラーへ送り込まれています。パーティクル システムの機能は、位置に基づいた色の変化方法を表示するようになりました。

PixelNormalWS

PixelNormalWS 表現式は、現法線に基づきピクセルが向いている方向を表すベクターデータを出力します。

PixelNormalWSExample.png

この例では、PixelNormalWS は Base Color へ入力されています。ピクセルごとに結果を表示する法線マップの使用方法に注目してください。

Rotator

Rotator 表現式は回転テクスチャの作成に使用できる、2 チャンネルのベクター値形式で UV テクスチャ座標を出力します。

アイテム

説明

プロパティ

CenterX

回転の中心となる U 座標を指定します。

CenterY

回転の中心となる Y 座標を指定します。

Speed

座標が時計回りに回転する速度を指定します。

入力値

Coordinate

ベース UV のテクスチャ座標を取り込むと、式を修正できます。

Time

現在の回転の位置を決定するために使用する値を受け取ります。通常は、Time 式によって一定の回転効果が得られますが、Constant または ScalarParameter を使用して、特定のオフセットを設定したり、マチネまたはブループリントを通して回転を制御することができます。

RotatorExample.png

SceneTexelSize

SceneTexelSize 表現式は、SceneColor や SceneDepth の表現式の使用時と同様に、Texel サイズでオフセットすることができます。これは多重解像度システムでエッジを検出する際に便利です。この計算を使用しない場合、小さな静的な値の使用が強制され、低解像度で一貫性のない結果になります。

ScreenPosition

ScreenPosition 表現式は、現在レンダリング中のピクセルのスクリーン空間位置を出力します。

ScreenPositionExample.png

TextureCoordinate

TextureCoordinate 表現式は、マテリアルによる別の UV チャンネルの使用、タイリング処理の特定、メッシュの UV の動作を許可する 2 チャンネルのベクター値形式で UV テクスチャ座標を出力します。

アイテム

説明

プロパティ

Coordinate Index

使用する UV チャンネルを特定します。

UTiling

U 方向へのタイル処理の量を特定します。

VTiling

V 方向へのタイル処理の量を特定します。

Un Mirror U

true の場合、U 方向へ任意のミラーリングを元に戻します。

Un Mirror V

true の場合、V 方向へ任意のミラーリングを元に戻します。

使用例:メッシュの 2 番目の UV チャンネルへアクセスし、Texturecoordinate ノードを作成、その CoordinateIndex を 1 (0 - 最初のチャンネル、1 - 二番目のチャンネル等) に設定して TextureSample ノードの UV 入力値と接続します。

TextureCoordinateExample.png

VertexNormalWS

VertexNormalWS 表現式はワールド空間の頂点法線を出力します。WorldPositionOffset など頂点シェーダーで実行するマテリアル入力としてのみ使用することができます。メッシュを拡大または収縮させるのに便利です。法線に沿ってオフセットすると UV のシームに沿ってジオメトリが割れる原因になることに注意してください。

VertexNormalWSExample.png

上の例では、各頂点が各法線方向に移動しているため、プレビューの球体が正弦波の動きで拡大、縮小しているように見えます。

ViewSize

ViewSize 表現式は、現在のビューサイズをピクセルで表した 2D ベクター値を出力します。スクリーンの現在の解像度を元に、様々な変化をマテリアルにもたらす際に役立ちます。

ViewSizeNetwork.png

ViewSize1.png

ViewSize2.png

プレビュー ウィンドウ サイズ:740x700

プレビュー ウィンドウ サイズ:740x280

この例では、ViewSize は Base Color へ入力されています。結果はより意味のある結果を得るため 2,400 で除算されています。

WorldPosition

WorldPosition 表現式は、ワールド空間の現在のピクセル位置を出力します。視覚化するには、出力値を単に Emissive に接続します。

WorldPositionExample.png

一般的な使用方法は、カメラからピクセル (PixelDepth から直行距離と対照的に) までの放射距離を求めます。WorldPosition はテクスチャ座標としての使用や、関連のないメッシュが近距離にある場合にこのテクスチャ座標を使って合わせるのに便利です。これはテクスチャの平面マップに WorldPosition.xy を使用した基本例となります。

WorldPosPlanarMap.png

タグ

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信