Depth 表現式

レンダリングされているピクセルの深度を扱う表現式

Windows
MacOS
Linux
このページ中

DepthFade

DepthFade 表現式は、半透明オブジェクトが不透明なオブジェクトと交わった時に生じる目障りな継ぎ目を非表示にする際に使用します。

アイテム

説明

プロパティ

Fade Distance

フェードが発生するワールド空間です。FadeDistance 入力が非接続時に使用されます。

入力値

Opacity

深度がフェードする前にオブジェクトに対して既存のオパシティを受け取ります。

FadeDistance

フェードが発生するワールド空間の距離です。

Before Depth Fade

After Depth Fade

ネットワーク (クリックして画像をフルサイズで表示)

PixelDepth

PixelDepth 表現式は、現在レンダリングされているピクセルのカメラからの深度または距離を出力します。

PixelDepthExample.png

結果

ネットワーク (クリックしてフルサイズ表示)

これは、マテリアル ネットワークを床に適用した例です。床が 2048 ユニットを超えて薄まる際の、2 色間の線形補間のブレンディング方法にご注目ください。2 色間のコントラストを増すために Power 式が使用され、より意味のある視覚効果となっています。

SceneDepth

SceneDepth 表現式は、既存シーンの深度を出力します。PixelDepth と似た機能ですが、PixelDepth は現在描画されているピクセルのみのサンプル化が可能で、SceneDepthは どのような位置 の深度もサンプル化することが出来ます。

SceneDepth は半透明なマテリアルのみに利用されます。

アイテム

説明

入力値

UVs

深度「テクスチャ」のサンプリング方法を決定する際に使用する UV テクスチャ座標を受け取ります。

SceneDepthExample.png

結果

ネットワーク (クリックしてフルサイズ表示)

この例では、マテリアルネットワークを半透明の球へ適用しています。球の表面のピクセルではなく、SceneDepth ノードによる球の裏側のピクセルの読み込み方にご注目ください。

結果としてノーマライズされた深度は、0.0 と 1.0 の範囲の線形です。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信