Material Attributes 表現式

さまざまなマテリアル属性の分割や結合に使用する表現式ノードです。特に、レイヤー マテリアルの作成に役立ちます。

Windows
MacOS
Linux

Break Material Attributes

Break Material Attributes 表現式は、マテリアル関数システムの特徴であるレイヤー マテリアルを使用する場合に理想的な式です。マテリアル内で Material Layer 関数をする時に、レイヤーの片面のみに使いたい場合があります。例えば、スチールのような一般的なマテリアルを定義するきれいなマテリアル レイヤーなどです。全ての属性を使用せずに、最終マテリアル レイヤーから Roughness と Base Color 属性のみを使用するのがいいかもしれません。そのような場合、マテリアル レイヤーが受け取る属性全てを個別に分ける Break Material Attributes ノードを使用して、必要な属性のみを接続します。さまざまなマテリアル属性を複雑にブレンドすることも可能になります。

BreakMaterialAttributes.png

Make Material Attributes

Make Material Attributes ノードは Break Material Attriutes ノードと正反対の機能を持ちます。属性を分割するのではなく、属性をひとつにまとめます。出力値の一般的な属性全てに対しアクセスが可能となるため、ユーザー独自の Material Layer 関数の作成に実用的です。複数の Material タイプの定義やこれらをすべて 1 つのマテリアルにブレンドするなど、複雑なマテリアル設定にも使用できます。

MakeMaterialAttributes.png

Make Material Attributes ノードをマテリアルに接続する場合、メインの Material ノードの Use Material Attributes プロパティが True (チェックされている) に設定されていることを確認してください。メインのノードが 1 つの入力へ折り畳まれて、Make Material Attirubtes ノードから受信する出力値を受け取ります。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信