Texture の表現式

テクスチャをサンプリングおよび出力する表現式

Windows
MacOS
Linux

FontSample

FontSample 表現式は、通常の 2D テクスチャとしてフォント リソースからテクスチャページのサンプルを作成します。フォントのアルファ チャンネルには、フォント アウトライン値が格納されます。有効なフォントページのみを指定できます。

アイテム

説明

プロパティ

Font

表現式で使用するデフォルトのフォントアセット (コンテンツブラウザ から) を保持します。

Font Texture Page

テクスチャの一部として使用する現在のフォントのテクスチャページです。

FontSampleExample.png

FontSampleParameter

FontSampleParameter 表現式は、マテリアル インスタンス定数でフォントベースのパラメータをエクスポーズする手段を提供することにより、様々なインスタンスで様々なフォントを簡単に使用できます。フォントのアルファ チャンネルには、フォント アウトライン値が格納されます。有効なフォントページのみを指定できます。

アイテム

説明

プロパティ

Parameter Name

マテリアルのインスタンス、またはコードを通じてパラメータを特定する名前を指定します。

Group

MaterialInstanceConstant 内でパラメータ名をグループまたはカテゴリに構造化する方法を提供します。同一のグループプロパティ名を持つマテリアル内の全パラメータは、インスタンスのカテゴリ配下にリストされます。

Font

表現式で使用するデフォルトのフォントアセット (コンテンツブラウザ から) を保持します。

Font Texture Page

テクスチャの一部として使用する現在のフォントのテクスチャページです。

FontSampleParameterExample.png

FontSampleParameterExample.png

SceneColor

SceneColor 表現式は、既存シーンの色を出力します。

アイテム

説明

入力

OffsetFraction

スクリーン空間でシーンの色をオフセットする 2D ベクター値を受け取ります。このアイテムを 0.1 または 1.0 に設定すると、シーンの色が若干明るくなります。1.1 に設定すると、色がさらに明るくなります。

SceneColorExample.png

SpriteTextureSampler

カスタム仕様のスプライト マテリアルの作成は、既存するマテリアルの 1 つを複製して作成、または コンテンツ ブラウザ で新規マテリアルを作成して行います。スプライトがレンダリングされると、スプライト アセットで定義されたテクスチャはマテリアルの「SpriteTexture」という名前が付いたテクスチャ パラメータに繋がります。SpriteTextureSampler ノードを配置することで、この作業が自動的に行えます。

SpriteMaterial.png

スプライト インスタンスはカラーを頂点カラーとして引き渡しますが、マテリアル内では色調を弱めるだけでなく全ての事に使用できます。

アイテム

説明

プロパティ

Texture

表現式によってサンプル化されたテクスチャを指定します。テクスチャの設定は、最初に コンテンツ ブラウザ でテクスチャを選択します。次に、表現式のプロパティウィンドウから Texture プロパティを選択して、[Use Current Selection (現在の選択項目)] ボタンをクリックします。

Sampler Type

ノードからサンプルおよび出力されるデータ タイプです。

MipValueMode

サンプルのミップレベルもしくはデフォルト ハードウェアで計算された微分係数をカスタマイズする方法を選択します。外観とパフォーマンスの調整に影響します。

入力

UVs

テキスチャに使用する UV テクスチャ座標を受け取ります。UV に値が入力されなかった場合、マテリアルが適用されているメッシュのテクスチャ座標が使用されます。

出力値

RGB

その色の 3 つのチャンネルである RGB ベクターの値を出力します。

R

その色の赤チャンネルを出力します。

G

その色の緑チャンネルを出力します。

B

その色の青チャンネルを出力します。

A

その色のアルファチャンネルを出力します。テクスチャにアルファ チャンネルが含まれていない場合、「アルファ」チャンネルへ何かを接続すると、表向きは不正行為ではないものの常に結果はゼロ (黒) となります。

TextureObject

TextureObject 表現式は、関数内のテクスチャ関数入力にデフォルト テクスチャを渡す際に使用されます。このノードはテクスチャを実際にサンプル化しないので、TextureSample ノードを併用しなくてはいけません。

アイテム

説明

プロパティ

Texture

このノードに適用される コンテンツ ブラウザ からのテクスチャです。

Sampler Type

ノードから出力されるデータ タイプです。

TextureSample

TextureSample 表現式は、テクスチャからカラー値を出力します。テクスチャは、通常の Texture2D (法線マップを含む) 、キューブマップまたはムービー テクスチャとなります。

アイテム

説明

プロパティ

Texture

表現式によってサンプル化されたテクスチャを指定します。テクスチャの設定は、最初に コンテンツ ブラウザ でテクスチャを選択します。次に、表現式のプロパティウィンドウから Texture プロパティを選択して、[Use Current Selection (現在の選択項目)] ボタンをクリックします。

Sampler Type

ノードからサンプルおよび出力されるデータ タイプです。

MipValueMode

サンプルのミップレベルもしくはデフォルト ハードウェアで計算された微分係数をカスタマイズする方法を選択します。外観とパフォーマンスの調整に影響します。

入力

UVs

テキスチャに使用する UV テクスチャ座標を受け取ります。UV に値が入力されなかった場合、マテリアルが適用されているメッシュのテクスチャ座標が使用されます。TextureSample はキューブマップを表現します。 UV 座標は単に 2 チャンネル値ではなく、 3 チャンネル値でなくてはいけません。

DDX(UVs)

異方性フィルタリング用に UV 入力の DDX を受け取ります。この処理は、ハードウェアがデフォルトで自動的にしかも早く行います。ただし、ディファード デカールの 2X2 ピクセル ブロックのようなアーティファクトが発生しないように、DDX マテリアル表現式を避けるように明確に設定する必要がある場合もあります。MipValueMode = Derivative の場合のみ使用できます。

DDY(UVs)

DDX(UVs) が UV 入力の DDX を受け取るのと同様に、異方性フィルタリング用に UV 入力の DDY を受け取ります。

出力値

RGB

その色の 3 つのチャンネルである RGB ベクターの値を出力します。

R

その色の赤チャンネルを出力します。

G

その色の緑チャンネルを出力します。

B

その色の青チャンネルを出力します。

A

その色のアルファチャンネルを出力します。テクスチャにアルファ チャンネルが含まれていない場合、「アルファ」チャンネルへ何かを接続すると、表向きは不正行為ではないものの常に結果はゼロ (黒) となります。

TextureSampleExample.png

DDX(UVs) と DDY(UVs) 入力をさらに理解するために、このようなこともできます。ただし、MipValueMode = None を使った場合と全く同じ出力ですが遅いということに留意してください。これらの値は DDX/DDY マテリアル表現式とは異なる計算方法を使うため、DDX(UVs) と DDY(UVs) は、デフォルトのハードウェア計算を実際オーバーラードする必要がある場合いのみ使用してください。

SampleTextureDerivative.png

TextureProperty

TextureProperty はテクスチャのサイズやテクセル サイズなど選択したテクスチャのプロパティを公開します。

TextureProperty.png

ParticleSubUV

ParticleSubUV 表現式は、テクスチャのサブイメージをパーティクルへレンダリングする際に使用します。ParticleSubUV はテクスチャ アニメーションを Cascade で操作できるという点を除いて、フリップブックと似ています。

アイテム

説明

プロパティ

Blend

次から次へとフレームを即時に「ポッピング」するのではなく、 SubUV スプライト レイアウトの各フレームを一緒にブレンドします。

Texture

使用するテクスチャを特定します。

Sampler Type

ノードからサンプルおよび出力されるデータ タイプです。

MipValueMode

サンプルのミップレベルもしくはデフォルト ハードウェアで計算された微分係数をカスタマイズする方法を選択します。外観とパフォーマンスの調整に影響します。

入力

UVs

UV 入力値は無視され何も起こりません。

出力値

RGB

その色の 3 つのチャンネルである RGB ベクターの値を出力します。

R

その色の赤チャンネルを出力します。

G

その色の緑チャンネルを出力します。

B

その色の青チャンネルを出力します。

A

その色のアルファチャンネルを出力します。テクスチャにアルファ チャンネルが含まれていない場合、「アルファ」チャンネルへ何かを接続すると、表向きは不正行為ではないものの常に結果はゼロ (黒) となります。

ParticleSubUVExample.png

TextureObjectParameter

TextureObjectParameter 表現式はテクスチャ パラメータを定義します。そしてテクスチャ入力と関数を呼び出すマテリアルに用いるテクスチャ オブジェクトを出力します。このノードはテクスチャを実際にサンプリングしないので、TextureSample ノードを併用しなくてはいけません。

アイテム

説明

プロパティ

Parameter Name

マテリアルのインスタンス、またはコードを通じてパラメータを特定する名前を指定します。

Group

MaterialInstanceConstant 内でパラメータ名をグループまたはカテゴリに構造化する方法を提供します。同一のグループプロパティ名を持つマテリアル内の全パラメータは、インスタンスのカテゴリ配下にリストされます。

Texture

表現式によってサンプル化されたテクスチャを指定します。

Sampler Type

ノードからサンプルおよび出力されるデータ タイプです。

MipValueMode

サンプルのミップレベルもしくはデフォルト ハードウェアで計算された微分係数をカスタマイズする方法を選択します。外観とパフォーマンスの調整に影響します。

このノードは マテリアル関数 と一緒に使用します。

TextureSampleParameter2D

TextureSampleParameter2D 表現式は、マテリアルのインスタンスやコードで修正できるパラメータである点を除いて TextureSample と同一です。

アイテム

説明

プロパティ

Parameter Name

マテリアルのインスタンス、またはコードを通じてパラメータを特定する名前を指定します。

Group

MaterialInstanceConstant 内でパラメータ名をグループまたはカテゴリに構造化する方法を提供します。同一のグループプロパティ名を持つマテリアル内の全パラメータは、インスタンスのカテゴリ配下にリストされます。

Texture

表現式によってサンプル化されたテクスチャを指定します。

Sampler Type

ノードからサンプルおよび出力されるデータ タイプです。

MipValueMode

サンプルのミップレベルもしくはデフォルト ハードウェアで計算された微分係数をカスタマイズする方法を選択します。外観とパフォーマンスの調整に影響します。

入力

UVs

テキスチャに使用する UV テクスチャ座標を受け取ります。UV に値が入力されなかった場合、マテリアルが適用されているメッシュのテクスチャ座標が使用されます。

出力値

RGB

カラーの 3 チャンネルの RGB ベクター値を出力します。

R

カラーの赤チャンネルを出力します。

G

カラーの緑チャンネルを出力します。

B

カラーの青チャンネルを出力します。

A

カラーのアルファチャンネルを出力します。テクスチャにアルファ チャンネルが含まれていない場合、「アルファ」チャンネルへ何かを接続すると、表向きは不正行為ではないものの常に結果はゼロ (黒) となります。

TextureSampleParameterSubUV

TextureSampleParameterSubUV は、マテリアルのインスタンスやコードを通じて修正できるパラメータである点を除いて ParticleSubUV と同一です。

アイテム

説明

プロパティ

Parameter Name

マテリアルのインスタンス、またはコードを通じてパラメータを特定する名前を指定します。

Group

MaterialInstanceConstant 内でパラメータ名をグループまたはカテゴリに構造化する方法を提供します。同一のグループプロパティ名を持つマテリアル内の全パラメータは、インスタンスのカテゴリ配下にリストされます。

Blend

次から次へとフレームを即時に「ポッピング」するのではなく、 SubUV スプライト レイアウトの各フレームを一緒にブレンドします。

Texture

表現式によってサンプル化されたテクスチャを指定します。

Sampler Type

ノードからサンプルおよび出力されるデータ タイプです。

MipValueMode

サンプルのミップレベルもしくはデフォルト ハードウェアで計算された微分係数をカスタマイズする方法を選択します。外観とパフォーマンスの調整に影響します。

入力

UVs

UV 入力値は無視され何も起こりません。

出力値

RGB

その色の 3 つのチャンネルである RGB ベクターの値を出力します。

R

その色の赤チャンネルを出力します。

G

その色の緑チャンネルを出力します。

B

その色の青チャンネルを出力します。

A

その色のアルファチャンネルを出力します。テクスチャにアルファ チャンネルが含まれていない場合、「アルファ」チャンネルへ何かを接続すると、表向きは不正行為ではないものの常に結果はゼロ (黒) となります。

TextureSampleParameterCube

TextureSampleParameterCube 表現式は、キューブマップのみを受け取る点と、マテリアルのインスタンスやコードを通じて修正できるパラメータである点を除いて TextureSample と全く同一です。

アイテム

説明

プロパティ

Parameter Name

マテリアルのインスタンス、またはコードを通じてパラメータを特定する名前を指定します。

Group

MaterialInstanceConstant 内でパラメータ名をグループまたはカテゴリに構造化する方法を提供します。同一のグループプロパティ名を持つマテリアル内の全パラメータは、インスタンスのカテゴリ配下にリストされます。

Texture

表現式によってサンプル化されたテクスチャを指定します。

Sampler Type

ノードからサンプルおよび出力されるデータ タイプです。

MipValueMode

サンプルのミップレベルもしくはデフォルト ハードウェアで計算された微分係数をカスタマイズする方法を選択します。外観とパフォーマンスの調整に影響します。

入力

UVs

テキスチャに使用する UV テクスチャ座標を受け取ります。UV に値が入力されなかった場合、マテリアルが適用されているメッシュのテクスチャ座標が使用されます。3 チャンネルのベクター値でなくてはいけません。

出力値

RGB

カラーの 3 チャンネルの RGB ベクター値を出力します。

R

カラーの赤チャンネルを出力します。

G

カラーの緑チャンネルを出力します。

B

カラーの青チャンネルを出力します。

A

カラーのアルファチャンネルを出力します。テクスチャにアルファ チャンネルが含まれていない場合、「アルファ」チャンネルへ何かを接続すると、表向きは不正行為ではないものの常に結果はゼロ (黒) となります。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信