マテリアル式のリファレンス

複雑なノードベースのシェーダーネットワークを作成するための、マテリアル エディタで使用できるすべてのマテリアル式のリファレンス

Windows
MacOS
Linux

マテリアル エディタで利用可能な全てのマテリアル式ノードのリファレンスについて説明します。マテリアル式は、Unreal Engine 4 で完全に機能する、マテリアルの作成に使用する基礎的要素です。 各マテリアル式は独立した黒いボックスで、一連の値、またはより詳細な値、または 1 つ以上の入力に対して単一操作を実行して、その操作の結果を出力します。

パラメータ

マテリアル式がパラメータの場合もあります。つまり、これらの値は、パラメータを格納しているベースマテリアルの Material Instance で修正 (ランタイム中に動的のケースもあります) することができます。 マテリアル式は、特定のパラメータの識別に使用するため、Parameter name プロパティを通じて、Material Instance 内で固有の名前を付けなくてはいけません。 同マテリアル内に同名で同タイプのパラメータが 2 つ存在する場合、同一パラメータであると仮定されます。 Material Instance のパラメータの値を変更すると、マテリアル内のパラメータ式両方の値が変更されます。パラメータのデフォルト値もベースマテリアルで設定されます。 オーバーライドや修正がない限り、MaterialInstance 内のパラメータの値となります。

マテリアル式のプロパティ

すべてのマテリアル式ノードには、異なる種類の情報を提供する同じプロパティが含まれています。以下では、Texture Sample ノードを使ってこれらの共通のプロパティを強調します。

materialexpression.png

番号

プロパティ名

説明

1

Description

全てのマテリアル式には共通の Desc (Description) プロパティがあります。[Details (詳細)] パネルからアクセスできます。このプロパティに入力されたすべてのテキストは、マテリアル エディタに表示されます。ワークスペース内の表現式の真上です。どんな目的にも使用できますが、通常は表現式の目的や機能など、短いメモを残すために使用します。

2

Title bar

マテリアル式に関する名前/関連情報を表示します。

3

Inputs

マテリアル式で使用するために値へつなぎます。

4

Preview

マテリアル式が出力する値のプレビューを表示します。リアルタイム更新が有効な時は、自動的に更新します。スペースバーで、手動で更新することも出来ます。

5

Outputs

マテリアル式操作の結果を出力するリンクです。

式のタイプ

式のインデックス

マテリアル式のリファレンス一覧です。ただし、すべてではありません。以下に表示されているリンクはすべて、上記の式のタイプからもアクセスできます。 さらに、必要な式ノードを Ctrl+F キーで検索し、記述されているリンクに従ってください。

Atmosphere

Color

Constants

Coordinates

Custom

Depth

Font

Functions

MaterialAttributes

Math

Parameters

Particles

Terrain

Texture

Utility

VectorOps

Vectors

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信