マテリアル関数の作成

マテリアル関数の作成手順

Windows
MacOS
Linux

マテリアル関数の作成

マテリアル関数を作成するには、以下の手順に従います。

  1. まず最初に、マテリアル関数を作成する必要があります。作成方法は、 コンテンツ ブラウザ右クリック して [New (新規)] > [Materials & Textures] > [Material Function (マテリアル関数)] を選択します。

  1. 作成したマテリアル関数には名前を付ける必要があります。マテリアル関数を見た人が分かりやすいように、内容を説明したような名前をつけることが望ましいです。 このサンプルでは Custom_Fresnel ノードと呼ぶことにします。コンテンツ ブラウザ でマテリアル関数を選択し、キーボードの F2 を押し、好きな名前を入力すれば、名前を変更することができます。

新しい関数の発行

関数を大いに活用するために、マテリアル エディタの Material Function Library にそれが表示されていることを確認してください。表示させるには、Expose to Library プロパティが true に設定されていることを確認する必要があります。以下が手順です。

  1. 関数内にあるノードの選択をすべて解除します。こうすることで、その関数の基本プロパティが [Details (詳細)] パネルに呼び出されます。

    ExposeToLibrary.png

  2. 説明を追加します。ここに追加した説明は、マテリアル関数ライブラリ内でユーザーがその関数にマウスを当てた時にツールチップとして表示されるので、この説明は非常に重要です。マテリアル エディタ内の関数の場合も同様です。入力ノードおよび出力ノードへの説明の追加を習慣にすると良いですが、表現式へのコメント欄が 1 つしかないとしたら、こっちの方がもっと大変です。

    BaseDescription.png

  3. 適切なカテゴリを関数に追加および設定します。関数は複数カテゴリの見出しがあっても機能するので、好きな数だけ追加できます。ただし、カテゴリは必要最低限にして、できるだけ簡単にしておく事が賢明です。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信