マテリアル関数の作成

マテリアル関数の作成手順

Windows
MacOS
Linux

マテリアル関数の作成

マテリアル関数を作成するには、以下の手順に従います。

  1. まず最初に、マテリアル関数を作成する必要があります。作成方法は、 コンテンツ ブラウザ右クリック して [New (新規)] > [Materials & Textures] > [Material Function (マテリアル関数)] を選択します。

  1. 作成したマテリアル関数には名前を付ける必要があります。マテリアル関数を見た人が分かりやすいように、内容を説明したような名前をつけることが望ましいです。 このサンプルでは Custom_Fresnel ノードと呼ぶことにします。コンテンツ ブラウザ でマテリアル関数を選択し、キーボードの F2 を押し、好きな名前を入力すれば、名前を変更することができます。

新しい関数の発行

関数を大いに活用するために、マテリアル エディタの Material Function Library にそれが表示されていることを確認してください。表示させるには、Expose to Library プロパティが true に設定されていることを確認する必要があります。以下が手順です。

  1. 関数内にあるノードの選択をすべて解除します。こうすることで、その関数の基本プロパティが [Details (詳細)] パネルに呼び出されます。

    ExposeToLibrary.png

  2. 説明を追加します。ここに追加した説明は、マテリアル関数ライブラリ内でユーザーがその関数にマウスを当てた時にツールチップとして表示されるので、この説明は非常に重要です。マテリアル エディタ内の関数の場合も同様です。入力ノードおよび出力ノードへの説明の追加を習慣にすると良いですが、表現式へのコメント欄が 1 つしかないとしたら、こっちの方がもっと大変です。

    BaseDescription.png

  3. 適切なカテゴリを関数に追加および設定します。関数は複数カテゴリの見出しがあっても機能するので、好きな数だけ追加できます。ただし、カテゴリは必要最低限にして、できるだけ簡単にしておく事が賢明です。

Tags
Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback