オパシティ

マテリアル ネットワーク内でオパシティ値を処理する関数

Windows
MacOS
Linux
このページ中

オパシティ関数は、複雑なオパシティ演算を迅速に処理するためのものです。

Opacity 関数

以下はオパシティのカテゴリ配下にある全関数のリストです。

SoftOpacity

SoftOpacity 関数は Opacity 値を受け取り、その値を使用してでさまざまな演算を実行することにより、ソフトな印象を出力します。フレネルエフェクト、深度ベースのアルファ、ピクセル深度を適用します。最終結果では、カメラが近づくとオブジェクトが消え去ります。

アイテム

説明

入力値

DepthFadeDistance (Scalar)

オブジェクトが完全に消え去る深度です。OutputUsesDepthBias 出力を使用している場合のみ実行可能です。

OpacityIn (Scalar)

入力オパシティ値です。

FadeDistance (Scalar)

消え去る前にどれだけサーフェスに近づくかを表す距離です。

出力値

OutputUsesDepthBias

この出力は、DepthFadeDistance 入力値で設定した距離にたどり着くまでに、オブジェクトを完全に透明化し消失させます。

OutputNoDepthBias

この出力は、カメラにたどり着くとオブジェクトを消失させます。つまり、オフセットはありません。 この出力は OutputUsesDepthBias よりも 12 命令分コストがかからずに済みます。

Soft Opacity

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信