Reflections

さまざまなタイプのリフレクションの値の計算を支援する関数群

Windows
MacOS
Linux

ReflectionHeader.png

このサンプルでは、Unreal Engine 4 のリアルタイムな反射機能を紹介します。シーンは、荒れ果てた地下鉄のターミナルです。あちらこちらで水が漏れ、セラミックタイルは埃にまみれ、配管は老朽化し、ボロボロになっている環境の詳細を表しています。 このページでは、以下のようなリフレクションを操作するために使用する関数の概要を説明します。

Reflection 関数

以下は、Reflection カテゴリ配下にある全ての関数のリストです。

ReflectionVectorSoft

入力される法線マップに基づいて、リフレクションベクタを和らげる関数です。結果として、より滑らかな印象を与えるリフレクションがサーフェスに表示されます。これは、法線マップを平面が (0,0,1) の法線マップとブレンディング (lerp を通じて) して、その後リフレクションベクタを受け取ることによって処理されます。

項目

説明

入力値

Softness (Scalar)

既存の法線マップの平滑化および平面の法線マップとのブレンディングの度合いを制御します。

Normal (Vector3)

リフレクション ベクタが計算される前に滑らかにする必要がある法線マップの入力を受け取ります。

ReflectionVectorSoft

ViewAlignedReflection

この関数は、球面のリフレクションテクスチャを受け取り、ビューに配列します。計算はカスタムのリフレクション ベクタを入力してオフセットすることが出来ます。

項目

説明

入力値

ReflectionVector (Vector 3)

ビューへの配列が必要な既存のリフレクション ベクタを受け取ります。

ReflectionTexture (TextureObject)

球面の既存のリフレクション テクスチャを受け取ります。

出力値

Texture

結果としてビューベースのリフレクション テクスチャを出力します。

UVs

別の場所へ再利用が出来るようにリフレクションテクスチャの UV 座標を出力します。

ViewAlignedReflection

WorldAlignedReflection

この関数は、入力された球面ベースのリフレクションテクスチャを受け取り、ワールド座標へ配列します。計算はカスタムのリフレクション ベクタを入力してオフセットすることが出来ます。

項目

説明

入力値

ReflectionVector (Vector 3)

ビューへの配列が必要な既存のリフレクション ベクタを受け取ります。

ReflectionTexture (TextureObject)

球面の既存のリフレクション テクスチャを受け取ります。

出力値

WorldReflection

ワールドベースのリフレクション テクスチャを出力します。

WorldReflectionShadowed

陰影がついた領域に適用するコントラストがより高いバージョンのテクスチャを出力します。

WorldAlignedReflection

ReflectionVector

この関数は、デフォルトのリフレクション ベクタとは無関係のリフレクションベクタを生成する法線マップとベースシェーダーに対する法線の入力を使用します。

項目

説明

入力値

Normal (Vector3)

カスタム リフレクション ベクタのベースとして使用する法線マップを受け取ります。

CustomReflectionVector

Tags
Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback