ベクターオペレーション

フレネル効果などのベクトルの計算の処理に作成された関数

Windows
MacOS
Linux

ベクターオペレーションのカテゴリには、さまざまなベクターベースの数学方程式を適用する特別な関数が含まれています。

ベクターオペレーション関数

以下は、VectorOps カテゴリ配下にある全関数のリストです。

Fresnel(フレネル)

通常の Fresnel 式ノードとは異なり、フレネル関数により独自のベクターセットを指定して方程式の計算が可能とし、他の調整もブレンドへ適用します。

アイテム

説明

入力値

Normal Vector (Vector3)

Fresnel 演算で使用される最初のベクターです。通常は、これは表面法線です。

Camera Vector (Vector3)

カメラ方向のベクトルです。

Invert Fresnel (StaticBool)

結果を得るための法線の計算方法を反転させることによって、演算を反転させます。

Power (Scalar)

この値は、コアとエッジ間でカラーがどれだけの速さでフォールオフするかを制御します。

Use Cheap Contrast (StaticBool)

フレネル演算の結果のコントラスト効果を上げるCheapContrast関数を有効にします。

Cheap contrast dark (Scalar)

負荷の小さいコントラストの使用時に、結果として表示される暗い部分の値を制御します。負荷の小さいコントラストの未使用時は効果がありません。

Cheap contrast bright (Scalar)

負荷の小さいコントラストの使用時に、結果として表示される輝度値の量を制御します。負荷の小さいコントラストの未使用時は効果がありません。

Fresnel

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信