マテリアル関数を使用する

マテリアル内でマテリアル関数を使用する方法

Windows
MacOS
Linux
このページ中

このドキュメントは、マテリアル関数の概念に関して実用的な知識を持ち合わせているユーザーを対象としています。詳細は、マテリアル関数の概要 ページを参照してください。

マテリアル関数の適用

マテリアル関数を一度作成または編集すると、マテリアル エディタのパレット から直接ドラッグすることによって既存マテリアルへ追加することができます。または、コンテンツ ブラウザ からマテリアル エディタに追加することができます。マテリアル関数内には、入力や出力ノードで定義された、様々な入出力が含まれています。

FunctionLibrary.png

DragDrop.png

あるいは、F キーを押下しながら、コンテンツ ブラウザ で関数が選択されている状態でマテリアルエディタをクリックします。この時にコンテンツブラウザで関数が選択されていない場合、空の MaterialFunctionCall ノードが作成されます。

EmptyFunctionCall.png

プロパティ ウィンドウとマテリアル関数プロパティを通じて、既存マテリアル関数を配置します。単に コンテンツ ブラウザ で目的の関数を選択し、割り当てスロットの隣にあるボタンをクリックするだけです。

EmptyFunctionCall.png

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信