マテリアル関数

マテリアル関数は、パッケージに保存可能であり、多数のマテリアルで再利用できるマテリアルグラフのスニペットです。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

マテリアル関数 は、パッケージに保存して複数のマテリアルで使い回すことのできる、 マテリアル グラフの小さなスニペットです。マテリアル関数は複雑なマテリアル グラフ ネットワークを保存し、別のマテリアル内ですぐに再利用できるようにし、 また、アーティストがマテリアルの作成をしやすいように、複雑なネットワークを 1 つのノードに抽象化します。

特に、 1 つの関数を編集すると、それを使用するすべてのネットワークで継承されます。つまり、 関数の機能方法を修正または変更しなければならない場合、 その関数を使うマテリアルに対して、それぞれを編集しなくてもよいのです。

関数のリファレンス

タグ

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信