マテリアル エディタ - 色付きの透過シャドウの操作ガイド

色付きの透過シャドウをセットアップし使用するための操作手順

Windows
MacOS
Linux

この操作ガイドでは、透過シャドウの色 を設定し、それを使用して色付きのシャドウをキャストできるマテリアルを作成します。 何らかの色をシーンに注入するために透過シャドウの色の設定が役立つ多くの適用例がありますが、一般的な用途はステンドグラスの窓のようなものです。

例:

translucent_T.JPG

透過シャドウの色

透過シャドウの色とは、シャドウが通過 (Transmission (透過) ともいう) オブジェクトの色をどのようにとらえるかを表す言葉です。ます。 マテリアルを通過するライトの量は、0 から 1 の間のオパシティ値およびどれくらいの量のライトがマテリアルにキャストされているかによって決まります。 例えば、オパシティが 0 に設定されていれば、マテリアルからの色付きのシャドウのライトの透過は無しになります。オパシティ値が 1 に設定されている場合、完全に不透明になります。

マテリアル設定

  • 以下の例では、ブレンド モードの選択で Translucent (半透明) を選択しています。

  • 使用可能な Lit (ライティング有り)、Unlit (ライティング無し) のブレンド モードは、透過、加算、調整です。

注記

  • 間接ライティングがあると透過シャドウが色褪せてしまい、透過マテリアルのエミッシブまたはディフューズよりも彩度が低くなります。

  • 法線マップの強度は、[Translucency Directional Light Intensity (透過指向性ライトの強度)] を増やすことで人為的に調整できます。

  • ブレンド モードの Modulate (調整) を使用するには、[Material Inputs] パネルで [Separate Translucency (透過を分離)] を無効にする必要があります。

Lit (ライティング有り)マテリアル

マスクのアルファ チャンネル

TCS_Lit_Masked.PNG

  1. Material Attributes ノードを選択して、[Details (詳細)] パネルで以下を変更します。

    • Blend Mode: Translucent

    • (オプション) Two Sided: チェックを入れる

    • Translucency Lighting Model: Surface Translucency Volume

  2. テクスチャ サンプルの Alpha チャンネルを Opacity に接続し、マテリアルの部分にマスクをかけます。

カスタム オパシティ

TCS_Lit_CustomOpacity.PNG

  1. Material Attributes ノードを選択して、[Details (詳細)] パネルで以下を変更します。

    • Blend Mode: Translucent

    • (オプション) Two Sided: チェックを入れる

    • Translucency Lighting Model: TLM_Surface

  2. Multiply ノードを作成し、 Material Attriubutes ノード上の Opacity に接続します。

  3. テクスチャ サンプルの Alpha をピン A に接続します。

  4. Constant 値を作成し、その値を 1 未満に設定します。ゼロは完全に透明であり、1 は完全に不透明です。 TCS_LIT_CO_constantValue.PNG

  • プレイヤーにマテリアルを適用したメッシュの両面を見せたい場合は、Two Sided は良い選択です。

  • Two Sided を使用 しない と、ライトはマテリアルを適用したメッシュの可視面にキャストされなければなりません。

  • 画像の一部をマスクするには、テクスチャでアルファ チャンネルを持つ必要があります。

Unlit (ライティング無し) のマテリアル

TCS_Unlit_Mat.PNG

  1. Material Attributes ノードを選択して、[Details (詳細)] パネルで以下を変更します。

    • Blend Mode: Translucent

    • Shading Model: Unlit

    • (オプション) Two Sided: チェックを入れる

    • Translucency Lighting Model: TLM_Surface

  2. テクスチャ サンプルを Emissive に接続します。

実行中の色付きの透過シャドウ

マスクのアルファ チャンネル

  • Blend Mode: Translucent

  • Shading Model: Lit または Unlit

Logo_LIT_Masked.PNG

カスタム オパシティ

  • Blend Mode: Translucent

  • Shading Model: Lit または Unlit

TCS_Lit_CO_Result.PNG

シャドウの鮮明度

シャドウの鮮明度はいくつかの要因の影響を受けます。例えば、透過シャドウの色を受けるメッシュのライトマップの解像度、ライトのソース アングル、テクスチャ サンプルの品質などです。

ライトマップの解像度

Lightmap Resolution 64

Lightmap Resolution 1024

制限事項

  • 透過シャドウの色は、Static Light (静的ライト) でのみサポートされています。

まとめ

色付きのシャドウで覚えておくべき重要なことは、Static Light (静的ライト) のみ をサポートするということです。 デザインのニーズを満たすように、最良のブレンド モード (Translucent (半透明)、Additive (加算)、Modulate (調整)) を選択するようにしてください。 色付きのシャドウ用のアプリケーションは数多くあり、各ブレンド モードを使用してプロジェクトのニーズ内で作業することができます。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信