Material Analyzer (マテリアル アナライザー)

このページでは、Material Analyzer ツールの場所と使用方法について説明します。

Windows
MacOS
Linux

Material Analyzer は、プロジェクト内のすべてのマテリアルまたはマテリアル インスタンスの識別と分析に役立つデベロッパー ツールです。これにより、置換やデータ保存の節約となるような変更が可能となります。解析するマテリアルまたはマテリアル インスタンスを選択すると、ツールによってそのマテリアルのすべての子孫 (またはマテリアル インスタンスの親マテリアルのすべての子孫) が検索されます。また、基本のプロパティ オーバーライド、スタティック スイッチ、およびスタティック コンポーネント マスクパラメータもすべて検索されます。

Material Analyzer を開く

  1. メニュー バーで、[Window] > [Developer Tools (デベロッパーツール)] > [Material Analyzer] をクリックします。 Material Analyzer ウィンドウが開きます。 WindowMenu-01.png

  2. [Material to Analyze] の横にあるドロップダウンをクリックします。解析するマテリアルまたはマテリアル インスタンスを選択します。 MaterialAnalyzerWindow-01.png

  3. Material Analyzer ツールに、選択したマテリアルのすべてのインスタンスのリストが表示されます。

Suggestion リストを表示する

マテリアル ツリーの下に Suggestion リストがあります。Suggestion リストでは、すべてのマテリアル インスタンスが同じスタティック オーバーライドのセットでグループ化されます。各行の横にある矢印をクリックすると、識別された特定のインスタンスが表示されます。 SuggestionList.png

ローカル コレクションを作成する

各 Suggestion リストには、 [Create Local Collection] ボタンがあります。このボタンをクリックすると、関連するすべてのインスタンスがローカル コレクションに配置されるため、検索や更新が簡単になり、より効率的なパラメータ設定を行うことができます。 LocalCollectionButton.png

スタティック スイッチ パラメータ リストを表示する

マテリアル インスタンスのスタティック スイッチ パラメータを表示するには、[Static Switch Parameters] 列の下の矢印をクリックして、すべてのリストを表示します。列のサイズ変更が可能なので、テキストが途切れた場合は移動できます。 StaticSwitchParameters.png

マテリアル インスタンスの親を変更する

これらのマテリアル インスタンスを同じスタティック オーバーライドを持つ新しいインスタンスに再ペアレント化することができます。したがって、マテリアル インスタンスが再ペアレント化されても、それらの一意のオーバーライドのみが変更されます。これにより、置換とデータの保存が節約できます。再ペアレント化したマテリアル インスタンスからすべてのスタティック パラメータ オーバーライドを削除します。削除しない場合は、追加データが保存されます。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信