PSO キャッシングの有効化とビルド

UE4 プロジェクトで PSO データをビルドする準備について説明します。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

Pipeline State Object (PSO) のキャッシングを Unreal Engine 4 (UE4) プロジェクトで使用できるようにするには、まずいくつかのオプションを有効化する必要があります。 この操作ガイドでは、PSO キャッシングを動作させるために必要なファイルの生成に必要なオプションをすべて確認します。

手順

前提条件 この操作ガイドでは、Epic Games launcher からダウンロード可能な Action RPG のサンプル ゲーム プロジェクトを使用します。

  1. メイン メニューから [Edit > Project Settings > Packaging > Packaging] で、以下のオプションを有効にします。

    • Share Material Shader Code

    • Shared Material Native Libraries

      クリックして最大化。

  2. そして、 [ウィンドウ > デベロッパー ツール > Device] から、 [デバイス****プロファイル] ツール を開きます。
    Open_Device_Manager.png

  3. 次に、[既存デバイスプロファイル] の入力フィールドのところで、[Android] オプションを探して名前の横の 省略記号 をクリックして、デバイス プロファイルを開きます。
    Open_Up_Android_Device_Profile.png

  4. [Console Variables] セクションの下の レンダリング を探して、 [+] のアイコンをクリックして 検索 入力フィールドを表示します。
    Search_For_Command_To_Add.png

  5. 検索 入力フィールドで r.ShaderPipelineCache.Enabled を探し、クリックしてレンダリング変数のリストに追加します。
    PSO_Added_To_Device_Profile.png

  6. 次に、 r.ShaderPipelineCache.Enabled の入力フィールドの値を 1 にセットします。
    PSO_Caching_Enabled.png

    プロジェクトが複数のプラットフォームをサポートする場合、この処理を各プラットフォームに繰り返します。

  7. 完了したら、Unreal Editor のセッションを再起動します。

まとめ

PSO キャッシングに必要なプロジェクトの設定が有効化されたので、次は必要な PSO データをファイルに出力する特別なバージョンのプロジェクトを作成して起動します。 

詳細は、 PSO データの収集 を参照してください。

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信