PSO キャッシング

Pipeline State Object (PSO) キャシングツールにより、 Unreal Engine 4 (UE4) レベルとそのコンテツの再読込にかかる時間を削減することができます。

Windows
MacOS
Linux

Pipeline State Object (PSO) キャッシングツールを、Unreal Engine 4 (UE4) レベルがコンテンツの一部を読み込む際に起きるヒッチの防止の補助に使うことができます。以下のページでは UE4 プロジェクトでの PSO データのビルドと使用に関する幅広い情報を提供します。

PSO キャッシュの概要

PSO キャッシュは UE4プロジェクトで使用されているマテリアルが必要とするすべてのシェーダのリストのリストをまず作成します。それから、このリストを使って、 UE4 プロジェクトで最初に使用される時のこれらのシェーダのコンパイル処理を高速化します。この処理により、マテリアルが新しいシェーダのコンパイルを必要とする時に起こるおそれがあるヒッチを削減することを助けます。以下に UE4 での PSO キャッシングシステムの概要を図示します。

クリックして拡大

Guides

Reference

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信