Particle Emitter クラス

Cascade のエミッタリストを構成するパーティクルエミッタのプロパティ リファレンス

Windows
MacOS
Linux

ParticleEmitter は ParticleSystem に含まれる単体のパーティクル効果です。ParticleEmitter クラスには、以下のパブリック変数が含まれます。

プロパティ

説明

EmitterName

エミッタ名

Emitter Render Mode

エミッタのパーティクルをレンダリングする際に使用する手法です。

モード

説明

ERM_Normal

目的通りにエミッタのパーティクルを、スプライトやメッシュなどとしてレンダリングします。

ERM_Point

スケーリングなし、Emitter Editor Color を使用して、エミッタのパーティクルを 2x2 ピクセルのブロックサイズでレンダリングします。

ERM_Cross

Emitter Editor Color を使用して、交差線のスケーリングとしてエミッタのパーティクルをレンダリングします。

ERM_None

エミッタのパーティクルはレンダリングされません。

Emitter Editor Color

折り畳み時の ParticleEmitter ブロックおよび Curve Editor とデバッグレンダリングモード時の色です。

InitialAllocationCount

エミッタの初期設定で割り当てられるパーティクル数の値です。ユーザーが宣言します。値が 0 の場合、計算済みのピークの数値が使用されます。(計算値は必要とされる値よりも高い数値となることがあるため、厳密なメモリ制御のためにこのパラメータが用意されています。)

Medium Detail Spawn Rate Scale

エンジンが中または低詳細モードで実行中に、エミッタのスポーン率を縮小する値です。スプリットスクリーンモードで、パーティクルの描画コストを最適化する際に使用出来ます。値が 0 の場合、高詳細モードが適用されていない時にエミッタを効率よく無効化します。値が 0 でない限り、Spawn Per Unit に影響を与えません。

Collapsed

True の場合、ParticleEmitter は Cascade の Emitter List で折り畳まれて表示されます。ParticleEmitter ブロックを ダブルクリックするとトグルされるプロパティです。

Tags
Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback