Orbit モジュール

Orbit モジュールは実際のパーティクル中心から離れた方向にオフセット回転するパーティクルスプライトをレンダリングします。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

Orbit モジュールは実際のパーティクル中心から離れた方向にオフセット回転するパーティクルスプライトをレンダリングします。

Orbit

Orbit モジュールのみが実装されています。実際のパーティクル位置からスプライトのオフセット及び回転が可能となります。複数の orbit モジュールをさまざまな方法でつなげることが出来ます。

プロパティ

説明

Chaining

Chain Mode

このモジュールをエミッタ内の他のモジュールにつなげる方法を示す列挙型。この値の設定により、モジュールとその 1 つ前のモジュールの組み合わせを定義します。以下のどれかになります:

モード

説明

EOChainMode_Add

モジュールの値と前回の結果を加算します。

EOChainMode_Scale

モジュールの値と前回の結果を乗算します。

EOChainMode_Link

チェーンを「Break (ブレーク)」して前回の結果の値を適用します。

Offset

Offset Amount

パーティクルの「中心」からのスプライトのオフセット値を指定するベクトル分布。

Offset Options

Offset Amount に関連するオプション。オプションには以下が含まれます:

オプション

説明

Process During Spawn

true の場合、パーティクルのスポーン中に関連したデータが処理されます。

Process During Update

true の場合、パーティクルの更新中に関連データが処理されます。

Use Emitter Time

true の場合、EmitterTime を利用して関連データを読み出します。False の場合、パーティクルの RelativeTime を使用します。

Rotation

Rotation Amount

パーティクル位置の周囲のオフセット回転量を示すベクトル分布。「 turns (ターン)」形式、つまり、0=回転なし、0.5=180 度、1.0=360 度のように指定します。

Rotation Options

Rotation Amount に関連するオプション。オプションには以下が含まれます:

オプション

説明

Process During Spawn

true の場合、パーティクルのスポーン中に関連したデータが処理されます。

Process During Update

true の場合、パーティクルの更新中に関連データが処理されます。

Use Emitter Time

true の場合、EmitterTime を利用して関連データを読み出します。False の場合、パーティクルの RelativeTime を使用します。

RotationRate

Rotation Rate Amount

パーティクル位置の周囲のオフセット回転速度を示すベクトル分布。「turns」形式で指定します。

Rotation Rate Options

Rotation Rate Amount に関連するオプション。オプションには以下が含まれます:

オプション

説明

Process During Spawn

true の場合、パーティクルのスポーン中に関連したデータが処理されます。

Process During Update

true の場合、パーティクルの更新中に関連データが処理されます。

Use Emitter Time

true の場合、EmitterTime を利用して関連データを読み出します。False の場合、パーティクルの RelativeTime を使用します。

タグ

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信