SubUV モジュール

SubUV モジュールによって、パーティクルは subUV マルチフレームテクスチャを利用することが出来ます。

Windows
MacOS
Linux

SubUV モジュールによって、パーティクルは subUV テクスチャを利用することが出来ます。subUV テクスチャには個別「フレーム」のグリッドが配置されています。

SubUV モジュールは、InterpolationMethod が PSUVIM_None 以外に設定されている時のみエミッタに適用します。

SubImage Index モジュール

SubImage Index モジュールは、フロート分布に基づいて使用するサブイメージを選択します。現状のサブイメージは、左から右、上から下への順序になっています。以下のメンバーが含まれます。

プロパティ

説明

SubUV

Sub Image Index

パーティクルに使用するサブイメージのインデックスを表すフロート分布。値は、パーティクルの更新時にパーティクルの RelativeTime に基づいて取得します。

実際の値は浮動小数型であるため、若干高めの値を使用する必要があります。例えば 2 番目の画像が必要な場合、- image 1 -の次は 1.01 を設定します。

Realtime

Use Real Time

true の場合、ゲームのスローモーション設定に関係なく、ムービーをリアルタイムで再生します。

SubUV Movie モジュール

SubUV Movie モジュールは、指定されたフレームレートの順序でテクスチャのサブイメージを繰り返し表示します。フリップブックテクスチャの動作と類似しています。以下のプロパティが含まれます。

プロパティ

説明

FlipBook

Use Emitter Time

true の場合、FrameRate 分布の値の取得にエミッタ時間を使用します。さもなければ相対的なパーティクル時間を使用します。

Frame Rate

サブイメージをフリップさせるフレームレートを指定した float 分布です。

Starting Frame

SubUV (1= 最初のフレーム) が開始する画像のインデックスです。左->右、上->下の順序が前提となっています。最終フレームよりも大きい場合、最終フレームにクランプされます。値が 0 の場合、開始フレームをランダムに選択します。

Realtime

Use Real Time

true の場合、ゲームのスローモーション設定に関係なく、ムービーをリアルタイムで再生します。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信