SubUV モジュール

SubUV モジュールによって、パーティクルは subUV マルチフレームテクスチャを利用することが出来ます。

Windows
MacOS
Linux

SubUV モジュールによって、パーティクルは subUV テクスチャを利用することが出来ます。subUV テクスチャには個別「フレーム」のグリッドが配置されています。

SubUV モジュールは、InterpolationMethod が PSUVIM_None 以外に設定されている時のみエミッタに適用します。

SubImage Index モジュール

SubImage Index モジュールは、フロート分布に基づいて使用するサブイメージを選択します。現状のサブイメージは、左から右、上から下への順序になっています。以下のメンバーが含まれます。

プロパティ

説明

SubUV

Sub Image Index

パーティクルに使用するサブイメージのインデックスを表すフロート分布。値は、パーティクルの更新時にパーティクルの RelativeTime に基づいて取得します。

実際の値は浮動小数型であるため、若干高めの値を使用する必要があります。例えば 2 番目の画像が必要な場合、 image 1 の次は 1.01 を設定します。

Realtime

Use Real Time

true の場合、ゲームのスローモーション設定に関係なく、ムービーをリアルタイムで再生します。

SubUV Movie モジュール

SubUV Movie モジュールは、指定されたフレームレートの順序でテクスチャのサブイメージを繰り返し表示します。フリップブックテクスチャの動作と類似しています。以下のプロパティが含まれます。

プロパティ

説明

FlipBook

Use Emitter Time

true の場合、FrameRate 分布の値の取得にエミッタ時間を使用します。さもなければ相対的なパーティクル時間を使用します。

Frame Rate

サブイメージをフリップさせるフレームレートを指定した float 分布です。

Starting Frame

SubUV (1= 最初のフレーム) が開始する画像のインデックスです。左>右、上>下の順序が前提となっています。最終フレームよりも大きい場合、最終フレームにクランプされます。値が 0 の場合、開始フレームをランダムに選択します。

Realtime

Use Real Time

true の場合、ゲームのスローモーション設定に関係なく、ムービーをリアルタイムで再生します。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback