Velocity モジュール

Velocity モジュールは、さまざまな方法でパーティクル速度の調整を行います。

Windows
MacOS
Linux

Velocity モジュールは、さまざまな方法でパーティクル速度の調整を行います。

Initial Velocity

Initial Velocity モジュールは、パーティクルの初期速度を設定します。以下のメンバーが含まれます。

プロパティ

説明

Velocity

Start Velocity

スポーン時に、パーティクルへ適用する速度を渡すベクター分布です。値はオーナーエミッタの EmitterTime を使用して取得します。

Start Velocity Radial

パーティクルの放射方向に沿って適用する速度を渡す浮動小数点分布です。この方向は、スポーン時のパーティクル位置からエミッタ位置を減算して決定します。値はオーナーエミッタの EmitterTime を使用して取得します。

In World Space

true の場合、ワールド空間の速度とみなされます。

Apply Owner Scale

true の場合、速度値は ParticleSystemComponent のスケールによってスケーリングされます。

Initial Vel (Seed)

Initial Vel (Seed) モジュールは、エミット時にパーティクルのサイズを設定するという点で Initial Velocity モジュールと同一です。しかしこのモジュールは、エミッタの使用時はいつでもモジュールからより一貫性のあるエフェクトを提供するために、分布値の選択に使用するシード情報を指定することが出来ます。以下のメンバーが含まれます。

プロパティ

説明

RandomSeed

Random Seed Info

このモジュールのプロパティの「ランダム」値の選択に使用するランダムシード。

プロパティ

説明

Get Seed From Instance

true の場合、モジュールはオーナー インスタンスからシードを取得しようとします。失敗すると、 Random Seeds 配列からシードを取得するためにフォールバックします。

Instance Seed Is Index

true の場合、インスタンスから抽出したシード値は Random Seeds 配列のインデックスとなります。

Parameter Name

このシードを設定するために配置されたインスタンスにエクスポーズする名前です。

Random Seeds

このモジュールを使用するためのランダムシード値です。複数の値を指定すると、インスタンスがランダムに値を選択します。

Reset Seed On Emitter Looping

true の場合、シードはエミッタがループする都度リセットされます。

Velocity

Start Velocity

スポーン時に、パーティクルへ適用する速度を渡すベクター分布です。値はオーナーエミッタの EmitterTime を使用して取得します。

Start Velocity Radial

パーティクルの放射方向に沿って適用する速度を渡す浮動小数点分布です。この方向は、スポーン時のパーティクル位置からエミッタ位置を減算して決定します。値はオーナーエミッタの EmitterTime を使用して取得します。

In World Space

true の場合、ワールド空間の速度とみなされます。

Apply Owner Scale

true の場合、速度値は ParticleSystemComponent のスケールによってスケーリングされます。

Velocity Cone

Velocity Cone モジュールは、ユーザーが定義するコーン(円錐)の形状でパーティクルをエミットします。

プロパティ

説明

Angle

コーン形状の角度を設定する浮動小数点分布の値です。Uniform として設定された場合、min (最小値) はコーンの内角、max (最大値) はコーンの外角を表します。値は [0..1] がベースとなります。1 は 180 度もしくは完全な球体を表します。

Velocity

パーティクルがコーンに沿ってエミットされる時にパーティクルの速度を設定する浮動小数点分布です。

Direction

方向点を定義する 3D ベクターです。

Velocity

In World Space

true の場合、ワールド空間の速度とみなされます。

Apply Owner Scale

true の場合、速度値は ParticleSystemComponent のスケールによってスケーリングされます。

Inherit Parent Velocity

Inherit Parent Velocity は、親 (パーティクル エミッタのことです) の速度をスポーン時のパーティクルへ貢献します。以下のメンバーが含まれます。

プロパティ

説明

Velocity

Scale

スポーン時のパーティクル速度へ加算する前に、親速度へ適用するベクター分布です。値は、パーティクルの RelativeTime に基づいて取得します。

In World Space

true の場合、ワールド空間の速度とみなされます。

Apply Owner Scale

true の場合、速度値は ParticleSystemComponent のスケールによってスケーリングされます。

Velocity/Life

Velocity/Life モジュールは、パーティクルのライフ期間中に、一定の量で速度をスケーリングします。以下のメンバーが含まれます。

プロパティ

説明

Velocity

Absolute

true の場合、分布の値として速度が設定されます。これによって、パーティクルライフタイムにおける任意の時点にパーティクル速度を直接設定することができます。この設定は先行する速度に関わる全てのモジュールに優先して「上書き」するので、十分注意してください。また、「Initial Velocity」モジュールはパーティクルの初期速度として提供されなくなります。false の場合、速度は分布の値によってスケーリングされます。

Apply Owner Scale

true の場合、速度値は ParticleSystemComponent のスケールによってスケーリングされます。

In World Space

true の場合、ワールド空間の速度とみなされます。

移動しているローカル空間のエミッタは、奇妙な結果となります。

Vel Over Life

速度に適用するスケーリング値として使用されるベクター分布です。値は、パーティクルの RelativeTime に基づいて取得します。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信