Beam Type Data

Beam Type Data モジュールは、エミッターによるビームの出力を表します。パーティクルやアクタ、またターゲット ポイントとエミッタのように、ソース点の間のパーティクルを結合してストリームを形成します。

Windows
MacOS
Linux

Beam Type Data モジュールは、エミッターによるビームの出力を表します。パーティクルやアクタ、またターゲット ポイントとエミッタのように、ソース点の間のパーティクルを結合してストリームを形成します。

Beam Type Data モジュールには、以下のプロパティがあります。

プロパティ

説明

Beam

Beam Method

この列挙型変数は、ビームを生成する手法を設定します。以下の値のどれかになります。

メソッド

説明

PEB2M_Distance

エミッタの X 軸と平行にビームをエミット (放射) する際に Distance のプロパティを使用します。

PEB2M_Target

エミッタのソースから指定されたターゲットへビームをエミットします。

PEB2M_Branch

現在は使用していません。

Texture Tile

ビームに平行してテクスチャをタイリングする回数です。現在この機能は実装されていません。

Texture Tile Distance

ソーステクスチャのタイル 1 つ分を表すビームに平行した距離です。

Sheets

ビームに平行してレンダリングするシートの数です。シートは、ビームのパス周辺で均等に分配されます。例えば、ビームが移動している方向の軸を見下ろすと 2 つのシートが交差します。

Max Beam Count

エミッタに許容されるライブビームの最大数です。

Speed

作動時に、ビームがソースからターゲットへ移動する速度です。値が 0 に設定されている場合、ビームは瞬時にソースからターゲットへジャンプします。

Interpolation Points

ビームと平行したカーブの補間にソースとターゲットのタンジェントを使用するか否かを示します。この値が 0 未満または同等の場合、ビームはソースとターゲット間で直線になります (補間なし、など)。値が 0 より大きい場合、ビームはソースとターゲットそれぞれのタンジェント値を活用して、ソースとターゲット間を補間することによってパスを決定します。この時に使用する手順数は、このプロパティに設定された値となります。

Always On

true の場合、エミッタは常にライブパーティクルを確保します。

Up Vector Step Size

ビームの Up ベクターの決定に使用するアプローチ方法です。

手法

0

Up ベクタは、ビームの各ポイントで計算されなければいけません。

1

Up ベクターは、ビームの開始時点で計算した後に、各ポイントで使用します。

N

Up ベクターはすべての N 点で計算し、計算地点を補間します。

この手法は、現在サポートされていません。

Branching

Branch Parent Name

現在は使用していません。

Distance

Distance

BeamMethod が PEB2M_Distance に設定された時、ビームが移動する X 軸に平行した距離を表す浮動小数点分布です。

Taper

Taper Method

長さに合わせてビームを徐々に弱める方法。以下の値のどれかになります。

メソッド

説明

PEBTM_None

ビームに適用されるテーパーはありません。

PEBTM_Full

現在のビームの長さに関係なく、ターゲットに向かって移動するソースに対してビームをテーパーします。

PEBTM_Partial

現在は使用していません。

Taper Factor

ビームを徐々に弱める量を供給する分布。定数カーブの使用時に、 0.0 の time 値はビームのソースにおけるテーパーを意味し、1.0 の time 値はターゲットにおけるテーパーを意味します。

Taper Scale

テーパーをスケーリングする量。テーパーの最終使用値は、 Taper = (TaperFactor * TaperScale) となります。パーティクル パラメータ ディストリビューターとしての使用を主要目的とします。用途に対応するビームのテーパーへ、ゲームコードによるスケール係数の設定が可能となります。

Rendering

Render Geometry

true の場合、ビームの実際のジオメトリがレンダリングされます。無効の場合トレイル (小道) が目に見えないため、一般的に有効とします。

Render Direct Line

true の場合、ビームのソースとターゲット間の直接の線がレンダリングされます。Cascade のデバッギングに使用されます。

Render Lines

true の場合、ビームの各セグメントと並行して線がレンダリングされます。Cascade のデバッギングに使用されます。

Render Tessellation

true の場合、ソースとターゲット間で細分化 (テセレーション) されたパス (小道) がレンダリングされます。Cascade のデバッギングに使用されます。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信