レンズフレア

カメラレンズのマイナスの特性により明るいオブジェクトから散乱する光源のシミュレーション

Windows
MacOS
Linux

Lens Flare

レンズフレア 効果は、カメラレンズのマイナスの特性が原因で、明るいオブジェクトが表示されると光源の散乱をシミュレートする画像ベースの技術です。

プロパティ

説明

Tint

レンズフレア効果全体の色調を弱めます。

Lens Flare Tint (1.0, 1.0, 1.0)

Lens Flare Tint (0.25, 1.0, 1.0)

Threshold

レンズフレア効果を出すためのピクセルの最低輝度を定義します。閾値が高ければ高いほど、閾値を通過するピクセル量に加フィルレート コストが直線的に増加するためパフォーマンスが向上します。

Lens Flare Threshold - 0.1

Lens Flare Threshold - 8

Bokeh Size

ボケ形状の半径をスケーリングします。活用例:画像ベースのレンズフレアの見た目とパフォーマンスの微調整 (半径を 2 倍 -> 描画速度が 4 倍増)。

Lens Flare Size - 1

Lens Flare Size - 8

Bokeh Shape

レンズフレアの形状を定義する際に利用するテクスチャ。

Lens Flare Shape - Default

Lens Flare Shape - Square

Lens Flare Tints 1/2/3/4/5/6/7/8

個々のレンズフレアの色調を弱めます。

Intensity

画像ベースのレンズフレアの輝度スケール (リニア)。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信