ビネット効果

ビューポート中心からの距離に応じて画像輝度を低下させるエフェクト

Windows
MacOS
Linux

Vignette Effect

Vignette は、実際のカメラレンズがだんだん暗くなっていく様子をシミュレートするエフェクトです。高品質レンズの場合、このエフェクトは補正対象となります。エフェクトは、主に画像の輪郭に顕著に現れます。

Vignette (ビネット エフェクト) 設定は、[Post Process Settings (ポストプロセス設定)][Scene Color (シーンカラー)] にあります。

プロパティ

説明

Vignette Intensity

スクリーンの端を暗くします。ブルームには影響しません (パフォーマンスによりますが変更も可能です)。活用例:輪郭のぼかし (カメラ機能の不完全性) をシミュレートします。

Vignette Intensity - 0

Vignette Intensity - 1

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信