2.必要なアセットの作成と設定

必要なアセットの作成と設定の説明

Windows
MacOS
Linux

このセクションでは、ブループリントおよびレンダー ターゲットでテクスチャを作成できるように、必要なアセットの作成と設定方法を説明します。

レンダー ターゲットの作成と設定

UE4 コンテンツ ブラウザで レンダー ターゲット を作成するには、以下の操作を行います。

  1. UE4 エディタを開いて コンテンツ ブラウザ 内を右クリックします。表示されたメニュから [Create Advanced Asset (詳細アセットを作成)] を探します。

    Create_RTT_01.png

  2. [Create Advanced Asset (詳細アセットの作成)] メニューから [Materials & Textures (マテリアルとテクスチャ)] セクションを選び、表示されたアセット リストから [Render Target] オプションを選択します。

    Create_RTT_02.png

  3. 新規作成したレンダー ターゲットに「RT_00」と名前を付けます。コンテンツ ブラウザは以下のようになるはずです。

    Create_RTT_03.png

マテリアルの作成と設定

UE4 コンテンツ ブラウザで レンダー ターゲット を作成するには、UE4 のコンテンツ ブラウザで以下の操作を行います。

  1. コンテンツ ブラウザを右クリックして [Create Basic Asset (基本アセットを作成)] セクションから [Material] オプションから新規マテリアルを作成します。

    Create_RTT_Material_01.png

  2. マテリアルに「RT_Material_00」と名前を付けて、マテリアル エディタ で開きます。

    Create_RTT_Material_02.png

  3. RT_Material_00 を開いた状態で、次の マテリアル式 ノードを マテリアルグラフ に追加します。

    • Texture Coordinate

    • Constant

    • Append

    • Noise

    Create_RTT_Material_03.png

  4. 必要なマテリアル表現式ノードをマテリアル グラフに追加して、マテリアルのコンパイルが完了したら [Apply (適用)] ボタンを押してノードを接続します。すると、以下の画像のようになります。

    Create_RTT_Material_05.png

必要なアセットの設定はこれで完了です。次のセクションで、すべてまとめて動かすための設定を説明します。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信