ブループリントとレンダー ターゲットで流体サーフェスを作成する

ブループリントとレンダー ターゲットを使って流体サーフェス アクタを作成する方法

Windows
MacOS
Linux

FS_Header_Image.png

ブループリントとレンダー ターゲットを使うと、発射物とプレイヤーがぶつかった時に水がどうなるかをシミュレーションする流体サーフェスを作成することができます。 以下の操作ガイドでは、レンダー ターゲットおよびレンダー ターゲットと機能するように特別に設定したマテリアルを新規作成して、触れたり発射物に当たると反応する流体サーフェス アクタの作成方法を説明します。その後で、流体サーフェスに触れたり発射物が当たると流体サーフェス インタラクションを含んで動かすように、新たなブループリントの作成および設定を行います。

操作ガイドでは、ブループリントとレンダー ターゲットでハイト フィールド ペインタを作成する 操作ガイドで作成したアセットと同じものを使用します。 ブループリントとレンダー ターゲットでハイト フィールド ペインタを作成する がまだお済みでない方は、こちらをまず完了させてください。このサンプル マップは、エピック ゲームズ ランチャーの [Learn] タブからダウンロード可能な Content Example プロジェクトにも入っています。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信