Changing nDisplay Communication Ports

Describes the different communication ports nDisplay uses on each computer to communicate with other computers in the cluster.

Windows
MacOS
Linux

nDisplay システムは、3つの TCP/IP ポートを介してホスト間で通信します。そのためのポート番号は、14000、14001、14002番です。 これらのポートがすべてのコンピュータで開いている状態にしてください。

ポート番号を自分で変更したい場合は、次の場所で可能です。

  • 実行時の同期ポート 。マスター ノードは2つのポートを使用し、クラスター内の他のノードとデータを同期します。これらの2つのポートを設定するには、port_csport_ss の設定パラメータをコンフィギュレーション ファイルに含めます。それらを置く行は、マスター ノードを定義している [cluster_node] の行です。例:

    [cluster_node] id=node_front addr=192.168.0.1 screen=screen_front viewport=vp_front port_cs=42001 port_ss=42002 master=true
  • クラスターイベントポート - マスター ノードは常に同じポートを使って、接続したクライアントとクラスターイベントの通信を行います。これには nDisplay クラスターの他のノードに加えて、クラスターイベントの送信受信を行うよう自分で作成した外部のアプリケーションも含みます。このポートを設定するには、port_ce の設定パラメータをコンフィギュレーション ファイルに含めます。それらを置く行は、マスター ノードを定義している [cluster_node] の行です。例:

    [cluster_node] id=node_front addr=192.168.0.1 screen=screen_front viewport=vp_front port_ce=42003 master=true
  • nDisplay Launcher のポートと nDisplay のリスナーのポート 。nDisplayのランチャーと nDisplayListener は、両方とも同じ通信ポートを使用する設定にしなければなりません。これらのアプリケーションを起動する際に、コマンドラインで指定することできます。 nDisplay Launcher を起動するときに、listener_port 引数を使います。例: nDisplayLauncher.exe listener_port=15003

加えて、port 引数を使用して、各ホスト上で nDisplayListener アプリケーションを自分で起動する必要があります。例:

nDisplayListener.exe port=15003
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信